1. HOME
  2. 茶道具買取【茶碗 茶釜・風呂釜 水指・建水 棗・茶入・茶杓 鉄瓶・銀瓶・金瓶】

茶道具買取【茶碗 茶釜・風呂釜 水指・建水 棗・茶入・茶杓 鉄瓶・銀瓶・金瓶】

茶道買取 茶道具売るならご相談ください!

茶道で用いる道具のことを「茶道具」と呼びます。

まずは、茶道の歴史を簡単に紹介します。

鎌倉時代:中国から抹茶が薬品として渡来し、これが日本で茶道が始まるきっかけに

室町時代:大名達の間で「唐物」という中国の茶器で茶を楽しむことがブームに

室町時代中期:東山文化が誕生し「わび・さび」が浸透。千利休の茶の湯などが登場

茶の湯の席における芸術性を重んじたのが千利休。

茶を飲むための茶碗だけでなく、茶筒、茶筅、水指、茶釜などの茶器や、茶室を飾るための屏風、香合、掛け軸などにもこだわりました。

それから時代を経て、華道、三味線、琴、相撲、浄瑠璃、歌舞伎、能などと並んで、日本の伝統的な文化として現代にまで残り続けています。

今でも、各種茶器だけでなく、掛け軸、屏風、香合などのものも茶道具として愛されており、日本国内だけに留まらず、国外でも人気。

特に高値で売買されるのが「千家十職」の茶道具です。

また、武者小路流、久田流、堀内流、表千家裏千家などの本格茶道具も収集家の間でニーズが高くなっています。

ことに、千利休の「わび」の考え方が表れている「初代長次郎(千利休の指示で黒樂茶碗、赤樂茶碗を作った人物)」の茶碗は、高額で売買されています。

茶道具買取特化の福和堂

茶道具にも色々なものが存在します。

趣のある香合、茶杓、銀瓶、鉄瓶、職人の個性が宿る茶碗などなど。

用いる茶道具は意図や流派によって違いますし、季節によっても変わることがあります。

 

茶碗を例に取りますが、これは産地次第で和物茶碗と高麗茶碗に分類されます。

また、「文様がないものを濃茶に用いる」などのルールが浸透している場合も。

千利休が「侘茶」という様式を普及させました。

その前は「茶道具を使う煌びやかな会」という雰囲気が主流だったのですが、千利休は「無用なものを完全に省いた形式」を確立させました。まさに「侘び」を重視した姿勢ですね。

さて、福和堂はお茶会用、お稽古用など、どのような茶道具でも買い取らせていただいております。

状態に難のあるもの(欠けているなど)でも買取可能です。

鑑定・査定結果を見てから、売却するかどうかを決めていただく形式となっておりますのでご安心ください。また「査定のみ」もお引き受けいたします。

茶道具を高額で売却するための秘訣は?【裏千家】

 

茶道に馴染みのない方からすると「茶道具なんてどれも一緒では?」と感じるかもしれません。しかし、中には非常に高値で売買されているものもあります。

 

ですが、買取会社がその茶道具の価値を見抜くことができなければ、査定金額が大幅に下がってしまいます。茶道具を適切な値段で売却するためにも「前もって売却において気を付けたいこと」を把握しておいてください。

茶道具の価値に関して

・アンティークな茶道具は超高額になりやすい

茶道具は言ってみれば「地味」なものほど高額で売買されやすい傾向にあります。

「わび・さび」が重要視されているからでしょう。

ですから茶道の知識や精神が根付いていないと、なかなか価値を見抜けないものなのです。

茶道には長い歴史がありますし、地位の高い人々が中心となって楽しんでいました。

ですから、茶道具には匠の手による「銘品」と呼ばれるもの、たくさんの人々の間で引き継がれて今も残っているもの、歴史的な価値が深いものなどが存在します。

そのため、茶道に馴染みのない方にとっては「ただの茶碗」に見える茶道具が、数百万で売買される場合もあります。

ことに歴史深い銘品(骨董品)には驚くほどの値段が付くケースが少なくありません。

ですから「先祖代々の茶道具を持っているけれど、地味だしどうせ価値がないだろう」などと思い込まず、一度は査定依頼をしてみることをおすすめします。

・洗わない方が無難です

古い茶道具であればあるほど、汚れている場合が多くなります。

となると「洗って綺麗にしておいた方が審査値段が高くなりそう」と感じるかもしれません。

ですが、水に濡れてしまうと劣化してしまう茶道具も少なくありません。

特に漆が使用された茶道具の水洗いは厳禁です。

ですから、布で優しく拭く程度にしておいて、あまり手を加えずに買取店に持ち込むことをおすすめします。

茶道具を高く売却するための鉄則

・元箱もつける

価値の高い茶道具には箱が付属しているものです。

なぜなら、元箱には由緒や銘を示す「箱書き」という文字が記されているからです。

茶道具が古いものの場合は特にこの箱書きが重要視されます。

もしも箱書きがなければ「茶碗だけの値打ち」しか見てもらえなくなりますので、高額で売却することが難しくなってしまいます。

茶道具に関しては経歴と「誰が造ったか」が非常に重要ですから、元箱がないと価格が半額以下になってしまう恐れも。

・汚れを気にする必要はありません

焼き物(茶碗など)は経年変化しにくいですが、木材、竹材、紙、金属などは経年劣化しやすいです。どれほど保管環境が良くても全く劣化させないのは困難です。

ただ、先ほどもお伝えしましたが汚れを気にする必要はありません。

むしろ「経年劣化しやすい→残存しにくい→残存している時点で貴重」と言えますので、実は汚れている茶道具の方が高額で売買されやすいくらいです。

ですから、ご自身では価値が分からなくても、錆びた鉄瓶や茶鎌、掛け軸、茶碗の元箱や縛っている紐なども含めて、全部鑑定に出してみてはいかがでしょうか。

・数件の会社に鑑定してもらう

査定価格は鑑定士によって変わるものですから、数件の会社に鑑定してもらうことをおすすめします。

「どの会社だと売却価格が高くなるか」というのは、

査定してもらうまでは当然見えてきません。

作り手や由緒などが明確に分かっているのであれば、ある程度前もって把握することも可能かもしれませんが、やはり数件の会社に鑑定してもらうのが無難です。

まとめ

 

「茶道具」と聞くとまずは茶碗、次に茶筅、続いて茶釜などを連想する方が多いと思います。

ですが、お盆、菓子器、花入れ、掛け軸なども茶道具に分類されます。

ですから茶碗や茶筅だけでなく、他の茶道具も丁寧に扱うようにしてください。

ことに木製の茶道具に関しては、価値が高いことを知らずに日常的に用いてしまっている人も少なくないようです。

歴史の深い茶道具のうちには、一見すると価値があるのかないのか全く見当がつかないものもあります。ですから、まずは鑑定に出すことを推奨します。そうしなければ「実はもの凄い希少品だった」としても気づくことができません。

茶道具の収集家などであれば価値も把握しているでしょうが、そうではなく「遺品として受け取った」「よく分からないけれど倉庫に眠っていた」などの場合は、その価値を見抜くことができる買取企業を探すようにしてください。

「どの会社に鑑定してもらっても審査金額は変わらない」と感じるかもしれませんが、実は会社によって審査金額が大幅に違ってくるケースが少なくありません。

ですから、必ず数件の会社に鑑定を依頼しましょう。

そして、もしも売却するのであれば最も高い鑑定額をつけた会社に売ることをおすすめします。

あてはまれば是非ご相談ください

遺品を整理しようと思うが、何から手をつけていいかわからない。

不用品をフリマアプリに出品しようと思うが、手間がかかり面倒だ。

実家を片付けていたら、古くて得体の知れないものが出てきた。

譲り受けた茶道具に興味がなく、お金に換えたい。

お問い合わせ

 

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

買取品目名
茶道具買取【茶碗 茶釜・風呂釜 水指・建水 棗・茶入・茶杓 鉄瓶・銀瓶・金瓶】
茶碗の買取
楽茶碗、唐津、織部、天目茶碗、高麗茶碗、井戸茶碗、李朝、青磁、白磁、三島、大樋茶碗、萩茶碗、有名作家、楽吉左衛門、千家十職、 大徳寺、本阿弥光悦、美濃焼、信楽焼、九谷焼、備前焼、唐津焼、益子焼、志野焼 など
茶釜・風呂釜 買取
人間国宝、磨芦屋釜、天命釜、天明釜、京釜、純銀製、南部、霰打出鬼面、亀甲文風呂釜、石黒光南、田中鉄邦、佐々木彦兵衛、角谷一圭、長谷川雅山、大西清右衛門、加藤唐九郎、根来実三、高橋敬典、鈴木盛久、菊地正直、菊地政光、大西浄清、大西五郎左衛門、中川一政など
水指・建水 買取
徳田八十吉、三輪休雪、川喜田半泥子、金重陶陽、永楽善五郎、加藤卓男、小野珀子、藤田喬平、安倍安人、野々村仁清、葉山有樹、酒井田柿右衛門、白井半七、今泉今右衛門、清水卯一、中里太郎右衛門、伊藤赤水、 真葛香斎、大樋長左衛門、沈壽官、三浦小平二、官窯青磁、中国物など
棗・茶入・茶杓 買取
千家十職、一后一兆、輪島塗、中村宗哲、松本達弥、音丸耕堂、豊平翠仙、前端雅峯、大場松魚、五代川端近左、山本春正、清瀬一光、清水舟月、一瓢斎、山下甫斎、四代川端近左、田村一舟、坂一男、村瀬治兵衛 、春井恒眠、中村尚濤済、中野孝一、尾形光琳、和田瑾斎、三輪休雪、金重陶陽、酒井田柿右衛門、古錫、李朝、中国古玩など
鉄瓶・銀瓶・金瓶 買取
銀製・純金製・亀文堂、龍文堂、呉杉堂、雲色堂、光玉堂、竹影堂、尚美堂、鈴木光重、波多野正平、佐藤提、安之介、秦蔵六、宮崎寒雉、大国寿朗、雨宮宗兵衛、佐藤提、有坂吉興、香取 秀真、北村 静香、一望斎春江、平田重光、栄真 、中村竹次郎、大西成古、中川浄益、紹美栄祐、金谷五郎三郎など 火箸、茶筅,茶掛,棚物,炉縁,香道具,香合、風炉先屏風などお茶道具すべてお取り扱い致します。
お問い合わせ