1. HOME
  2. 鉄瓶買取・査定お任せください!高値で買取のポイント

鉄瓶買取・査定お任せください!高値で買取のポイント

鉄瓶って買取していただけるのかと、よく聞かれることがございます。勿論鉄瓶も買取をしているお品物です。鉄瓶買取「骨董品の買取」は、非常に難しいものです。

品物がどのくらいの値段になるのかが、お客様側ではわからないことが多いです。

また、自分が買ったものではなく、家族の誰かが買ったものや、昔から倉庫に眠っているといったケースも多いでしょう。

今回はそんな骨董品の中でも「銀瓶」についてお話します。

もしもお持ちでしたら、参考にして頂ければと思います。

鉄瓶買取致します

専門的な知識がある当社福和堂では、鉄瓶の買取に力を入れております。作者や鉄瓶の種類によって、価格が違ってきますが、高価買取してもらう上では、適切な保管方法を採用し、日ごろのお手入れも適切な方法で行ないましょう。

鉄瓶を買取してもらう場合は、専門的な知識がある福和堂で、正しい金額で買取してもらいましょう。

鉄瓶買取

鉄瓶買取

鉄瓶とは

銀瓶とは、その名の通り銀でできている容器で、お湯を沸かすために使用される急須の様な形をしたものです。

茶道具としての利用だけではなく、単にお湯を沸かす道具としても非常に人気です。

鉄瓶でお湯を沸かすと、体内に吸収されやすい鉄分が入ると言われており、味もまろやかになります。

鉄瓶には、人気のブランドや歴史的にも非常に価値が高いものが多く、高価なものであれば数百万円するようなものもあります。

茶道具から日常使いまで幅広く利用されている銀便は、その歴史も古いため、その装飾方法やデザインも多岐にわたります。

象嵌と呼ばれる装飾方法では、銀便に模様を刻み込み、その部分に金や銀といった別の素材をはめ込むような作りのものがあります。

利便性を考えられた袋鉉では、持ち手の内部が空洞になっており、握った際に熱さを感じにくいといった工夫がされています。

作家やデザイン、市場での人気によって大きくその価格は変動します。

龍文堂
淡海秀光
大國寿郎
金龍堂
金寿堂

などは非常に人気が高く、数十万円から100万円を超える値段で買取がされることも珍しくありません。

また、多くの人が銀瓶と聞くと、「南部銀瓶」を想像すると思いますが、これは岩手県南部鉄器協同組合連合会に所属する職人さんが作ったものを言います。

通常5,000円程度の買取価格になることが多いのですが、鈴木盛久などの有名作家の場合には、買取価格が5万円を超えることもあります。

銀瓶を高く買取してもらうための3つのポイント(例外あり)

では、実際に銀瓶を高く買い取ってもらうためにはどうしたら良いのでしょうか。

破損しないように大切に保管する

銀瓶は、非常に古いものも多く、少しの破損もないというのは非常に難しいでしょう。

金属ですから、乾燥や湿気、温度の変化が続けば欠けることもあるでしょう。

また、少しの破損であれば、場合によっては物の価値があがる事もあります。

しかし、できるだけ綺麗な状態の方が基本的には高値になりますので、保管方法はしっかりと注意しましょう。

直射日光を避け、湿気の少ない部屋で保管しておくと良いでしょう。

サビを落とす

鉄なので、空気と反応するとサビてしまいます。

銀瓶を「お湯を沸かす」という用途で使用することを考えると、サビは少ないほうが良いでしょう。

内部全体がサビているのであれば、
「20分~30分茶殻を煮詰める」
ことでサビが取れる可能性があります。

1回で落ちなかった場合には、何度か繰り返すと効果が出ます。

お湯を沸かした後は、しっかりと水を切って水分をしっかりと取り除きます。

蓋と本体が同じ作品かを調べる

前述したように龍文堂の鉄瓶は、非常に高価で骨董品として人気が高いものになります。

10万円前後になるものも多く、そのため蓋だけがすり替えられた「龍文堂もどき」が多く出回っています。

また、本物であっても悪徳業者に買取査定を依頼してしまうと、龍文堂もどきと鑑定され、買い叩かれてしまうこともあります。

ですので、複数の鑑定士に蓋と本体が同じ作品のものであるのかを確認しておくと、悪徳業者に引っかかる可能性は低くなるでしょう。

例外:古い鉄瓶など洗わない方が無難です

古い茶道具であればあるほど、汚れている場合が多くなります。
となると「洗って綺麗にしておいた方が審査値段が高くなりそう」と感じるかもしれません。
ですが、水に濡れてしまうと劣化してしまう茶道具も少なくありません。
特に漆が使用された茶道具の水洗いは厳禁です。

布で優しく拭く程度にしておいて、あまり手を加えずに査定していただくことをおすすめします。

茶道具の買取や骨董品、古美術品の買取を専門におこなっている当社福和堂には各専門の鑑定士がおります。
茶道具買取をご検討でしたら、福和堂に是非1度ご相談いただければと思います。
ご相談

銀瓶の高価買取なら福和堂へ

銀瓶は、素人が見て判断するには非常に難しい品物になります。

ただの古いやかんだと思っていたものが、実は名器であったなどと言う話もあるくらいに、鑑定が難しいものになります。

そのため、前述した様に蓋だけを他の物にすり替える手口や、オークションサイトなどで偽物が出回ることもあります。

骨董品の本来の価値を見極めるには、経験を積んだ鑑定士が必要です。

福和堂では、経験豊富な鑑定士が、一品一品丁寧に鑑定を行います。

また、無料で出張査定を行っていますので、宅配や直接持ち込んでの鑑定などのように、移動中に品物が破損してしまう危険性もありません。

数が少ないから見てもらえるかわからない
価値があるかわからないから見てもらうのをためらっていた
引っ越しで倉庫を綺麗にしたい
遺品整理をしたい

など、お客様によってニーズは様々ですし、不安もあるかと思います。

福和堂は、お客様のためにしっかりとした対応をさせていただいており、過去に査定を行ったお客様からもご好評頂いております。

ですので、是非お気軽にご相談頂ければと思っています。

お問い合わせ

 

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

買取実績

東山魁夷 美術絵画買取実績
この記事は2019年4月15日に投稿されました

美術絵画「風景画」の買取(東山魁夷)宅配買取【大阪】

買取品詳細 買取品目 美術絵画「風景画」(東山魁夷) ご住所 大阪 買取方法 宅配買取 福和堂から一言 大阪のお客様より美術絵画「風景画」の買取のご相談をいただきました。事前にお写真にて仮査定金額をお知らせし、是非との事 […]
買取実績硯
この記事は2019年4月4日に投稿されました

板橋区で書道具(端州石硯 中国硯 雲龍彫 端渓硯 唐木箱付)をお買取

買取品詳細 買取品目 書道具(端州石硯 中国硯 雲龍彫 端渓硯 唐木箱付) ご住所 東京都板橋区 買取方法 出張買取 福和堂から一言 板橋区のお客様より書道具買取のご依頼をいただき出張買取させていただきました。 端州石硯 […]

鉄瓶出張買取の流れ

内容をお知らせください。丁寧な査定・買取をご提案をいたします。

お電話または、申込みフォームからお申込み下さい。その際に、お売りいただくお品の内容や量など詳細をお聞かせ下さい。

ご都合の良い出張買取日程のお伺い日時を決めさせていただきます。当日ご希望で都合がついた場合は、即日出張買取いたします。

 

お約束の日にお品物がある先へお伺いして、査定金額をご提示いたします。買取価格にご納得いただけましたらその場で買取いたします。

出張買取について

鉄瓶宅配買取の流れ

内容をお知らせください。丁寧な査定・買取をご提案をいたします。

お電話または、申込みフォームまたはLINEからお申込み下さい。その際に、お売りいただくお品の内容や量など詳細をお聞かせ下さい。
見積金額にご納得いただき、もし当店にお売りいただける場合は、その旨ご連絡いただければ今後の流れについてお知らせします。手続きに沿ってお品物を着払いにてお送り頂きます。

 

お品物が届きましたら、本査定をおこない事前にお知らせした査定金額と確認をさせていただきます。査定金額にご納得いただけましたら、ご指定の口座にお振込みをさせていただきます。

宅配買取について

買取品目名
鉄瓶買取・査定お任せください!高値で買取のポイント
南部鉄器の買取
主善堂薫山作、砂鉄瓶、鉄鉢型鬼霰、秀真、久慈砂鉄、高橋鋳金研究所 造、棗型 亀甲模様、「薫山」造、高橋萬治造、名工 岩肌、仁左衛門釜、鈴木盛久、霰末広形、佐藤秀次郎作、桜花紋、小泉仁左衛門、鈴木主善堂、一富士二鷹三茄子鉄瓶、伝統工芸士、釜師、金澤鶴斎作、虫食い車軸釜、鈴木盛久、鬼霰鉄瓶、角形鉄瓶、三厳堂、有坂造、岩谷堂箪笥、久慈砂鉄、三王堂、清茂、砂鉄急須瓶、宝鉄堂、平丸芦文、鉄作、伝統工芸、薫山、清茂 砂鉄急須瓶 、中田造胴印幾何学文平丸形鉄瓶、三巌堂、他
鉄瓶の買取
正寿堂、平安 三徳堂、秦蔵六、波多野正平造、菊池政光、亀文堂、日本梅泉造獣口梅古木嵌銀提手蘭蟹梅漢詩文、龍文堂、日本梅泉、上田、光玉堂、麒龍堂、金寿堂、大国、龍泉堂、頼山陽詩、般若勘渓、西垣一瑳鉄斎外史四字額蟹盛上図銀摘竹節提手、骨董鉄瓶、他
銀瓶の買取
石黒光南、秦蔵六、中川浄益、木村清雲、石黒光南、北村静香、一松斎、良則、真鍋静良、他
銅瓶の買取
本間琢斎、玉川堂、五代 玉川覚平、他
お問い合わせ