1. HOME
  2. 着物買取 思い入れがあるから1円でも高く【帯 染め 生地 布地 作家物 和装小物 簪 扇子】

着物買取 思い入れがあるから1円でも高く【帯 染め 生地 布地 作家物 和装小物 簪 扇子】

着物買取

着物は骨董買取市場では今でも需要が多くあります。「思い入れ」「1円でも高く」「しっかり査定」「面倒なのは嫌」「お任せしたい」など着物のお品を手放すことをお考えの方は、是非とも福和堂に査定をおまかせください。着物 帯 染め 生地 布地 作家物 和装小物 簪 扇子などの多くの査定をさせて頂いております。

使わなくなった着物や小物などを買い取り致します

何年も前に購入したけど今はもう袖を通すこともなくなったという着物や羽織はございませんか?お気に入りだけ残して、後は処分などのお考えはございませんか?

もしございましたら着物専門買取の「福和堂」が高価買取でお引き受けいたします。

 

「思い入れがあるから1円でも高く引き取って欲しい」「ちゃんとした査定をしてくれるところにお願いしたい」「面倒なのは嫌だからお任せしたい」などのご相談は福和堂にお任せください。

 

着物って今も高価買取してもらえるの?

確かに昔と比べると、着物を着る機会は減ってきているのが現状です。着る人が減り、必要とされるユーザーが減ると買取の値段も下がってしまうのではないの?とご質問を頂くことがあります。

ご安心ください、骨董買取市場では今でも需要が多いので、保存状態や着物の素材によっては高価で買い取りの取引をさせて頂いております。

 

 

着物の起源

着物の起源は古くは3世紀ごろと言われております。明治までは、様々な様式の着物が身分には関係なく着られておりました。

「呉服」という名前の起源は、古墳時代に日本と中国が盛んに交流を行っていたおりに呉の着物や織物が中国の呉から日本に伝わったところから来ていると言われております。

時を同じくして韓国では今でも着られていますが、チマチョゴリと同じような着物を多く着用しており、打ち合わせが左前で現在の着物の右前とは逆であったと言われています。

打ち合わせが右前のものは、平安時代に公家や武家などの貴人が身に着けていた「小袖」がその始まりだと言われています。

その後は時代によって着物も姿形を変えてきました。武家が政治を掌握した鎌倉時代や室町時代の戦乱の世を迎えると、戦いのときに着物が邪魔にならないように、よりシンプルに簡素に着物は姿を変えました。安土桃山時代のように世相が安定していた時代は、着物の美しさや華やかさがもてはやされていました。

江戸時代の初期になると、町人文化が栄え現在の「着物と帯」が多く着られるようになってきました。皆さんが目にしたこともある元禄模様もこの時代に誕生したと言われております。

 

洋服が一般庶民のところまで広まったのは、明治維新と文明開化の後です。太平洋戦争が終わり、高度経済成長の後の現在に冠婚葬祭以外ではほとんど着物をきるという方は少なくなってきてしまっているのは寂しい現実です。

 

中古の着物と諦めないでください

着物を査定に出される方で、新品をお持ちになる方は非常に稀です。

福和堂に着物を売却になる方は、昔着ていた着物や譲り受けたけども使っていないなどの「中古品」をご相談いただく方ががほとんどです。

古くなった「草履」「小物」「紋付」そして柄や色が古くなってしまった着物、他で査定してもらったけど買いとって貰えなかった着物でもぜひ一度福和堂の無料査定をご利用ください!

 

 

古着を高価買取できるポイント

着物を買い取りに出す方で、着物にあまり詳しくない方はぜひポイントをご説明致しますので、査定に出す前に自分でもチェックをしてみることをお勧め致します。

着物の査定はとても専門的で、他の商品の買取とは違う査定のポイントなどが多くあります。その際は、多くの専門用語が使われ知識の無い場合は、買取業者を間違えてしまうと言われるがまま、説明もあまり無く買取りをされてしまうという方もいらっしゃいます。

一度は大事に着ていた着物です。せっかく手放すのであれば納得の価格で手放したいですよね?まずは査定に出す前に最低限自分でわかる範囲のチェックをご自身でもすることをお勧めいたします。

  • 素材(正絹でなければ買取不可も多いです)
  • シミの有無、キズ、汚れ
  • 留袖や訪問着、色無地、小紋等

まずは上記の三点を自分でチェックしておきましょう。当然キズ、シミなど無いほうが同じものであれば高価に引き取ってもらえます。

それ以外に大事な着物特有のチェックするポイントとしては、裄・丈が長い着物であるかどうかです。

ほとんどの着物は、普段着と違いサイズがSMLなどに分かれているわけではなく、一つ一つ持ち主に合わせて誂えられているものです。ですので、本来は売買には向いていないものとも言えます。

ですが、買取にだすサイズより小さく仕立て直すことはできるので、裄・丈が長い着物はそれほどサイズで買い取り査定が低くなるということは少ないかと思います。逆にあまりに小さい着物だと、転売が難しいため査定も低くなる場合も御座います。

そのような場合にも例外もあるので、加えてご説明させていただきます。

着物の中でも、作家ものや工芸品などの高価な反物を仕立てるときは、本来は体型に合わせて反物を裁断するものを、体型に関係なく大きく反物を使い、多めに縫い代を取ることで寸法を小柄に仕立てている着物もあります。

このような着物は一度解いて反物に戻せば、裄・丈が十分にある着物に仕立て直せるので先ほどの注意点は例外となります。

まずは、ご自身で確認しておくことが大事です。査定時に必ずサイズを確認されるので、その時に先ほどご説明した「余った生地を縫いこんである仕立て」をされている着物があるときは、必ずそのことも加えて説明しておきましょう。

もちろん小さな着物は買取されないというわけでは無いこともご説明しておきます。小さな着物は子供用に仕立て直して使用されたり、着物ドレスの作成に使用されたり色々と使い道はあります。これも諦める必要はないので一度査定に出してみましょう。

 

特に高価に査定される可能性のある着物

最後に、特にこういった着物が高価に引き取ってもらえますというものをご案内させていただきます。

加賀友禅や結城袖、大島袖などの人気の高級着物は高価で引き取ってもらえることが期待できます。友禅であれば「加賀友禅」「京友禅」その中でも手間のかかる手描き友禅であれば特に高価引き取りになる可能性があります。

紬であれば、大島紬や結城紬が有名で、そのほか牛首紬や久米島紬などが高価で引き取りされる可能性があります。更にそれらが証書付のものであったり、名の知れた作家のものであれば更に高い値が付くことがあります。

友禅であれば、「加賀友禅」「京友禅」紬であれば「大島紬」「結城紬」「久米島紬」「牛首紬」「ざざんざ紬」「塩沢紬」などが有名で高級品です。上布は、「宮古上布」「八重山上布」「近江上布」「越後上布」です。

その他

簡素ではありますが品格に満ちた、墨絵と絞りの着物の辻が花や、西陣織。

高級着物素材といわれる小千谷縮や黄八丈、知花花織、吉野間道。

バナナ(実芭蕉)の仲間である糸芭蕉から採り出す糸で作られている芭蕉布。

南風原花織黄八丈本場筑前博多織本場筑前博多織なども高価引き取りを期待できるものです。

 

「人間国宝」

着物の種類だけでなく、有名な作家や人間国宝が作った着物も高価引き取りを期待できる着物となっております。

人間国宝だけでなく、高価に買取を期待できる作家の作品は数多くありますが、人間国宝を中心にご説明をさせていただきます。

加賀友禅「木村雨山」大正時代から昭和にかけて活躍した加賀友禅の着物作家で、伝統的な着物に独自の現代的なスタイルを織り交ぜた図柄で人気を博した人間国宝です。

京友禅「田畑喜八」初代から主に京都御所、二条城を中心とした上流階級の奥方、令嬢の衣裳を承る誂染師として活躍した人間国宝です。

その他にも友禅であれば「羽田登喜男」「上野為二」「羽田登」「田島比呂子」

江戸小紋であれば「小宮康孝」「中村勇二郎」「小宮康助」「中島秀吉」などが著名な着物の作家です。

人間国宝では無いですが、特に著名な作家は、「浦野理一」「由水十久」「久保田一竹」などがおります。

 

「有名ブランドの着物」

信頼性の高い著名ブランドの着物は高価で引き取りをお引き受けできる可能性が大きいです。

有名な着物ブランドなどの着物であれば中古でも高い金額で引き取らせていただける可能性が高いので、ご案内致します。

三大刺繍と称される、「汕頭刺繍」・「蘇州刺繍」・「相良刺繍」をはじめ、
刺子・金駒刺繍などに熟練した職人の手により創り出される「尾峨佐染繍

京都室町で 創業280年を迎える「帯の製造販売」の老舗「誉田屋源兵衛

1555年(元治元年)日本で初めて空引機を考案、高級な紋織物国産化を完成させた「紋屋井関

友禅染めと日本刺繍を駆使した独自の感性で着物、染繍作品を制作している「大彦

その他「銀座きしや」「翠山工房」「しょうざん」「染めの北川」などがあります。

 

大切にされていた着物や小物を手放すことをお考えの方は、ぜひ福和堂の無料査定をご利用していただけるようお願い申し上げます。

熟達された鑑定力を持った専門鑑定士が査定を丁寧にさせていただきますので、高価引き取りを期待してお持ちいただければと思います。

よろしくお願い申し上げます。

着物といっても様々なものがあります

気に留めていなかった家に眠ったままの着物などが、驚くような値段をつけることが多々あります。もし気になる品があれば是非「福和堂」にご相談ください。

あてはまれば是非ご相談ください

遺品を整理しようと思うが、何から手をつけていいかわからない。

不用品をフリマアプリに出品しようと思うが、手間がかかり面倒だ。

実家を片付けていたら、古くて得体の知れないものが出てきた。

譲り受けた古道具・骨董品に興味がなく、お金に換えたい。

お問い合わせ

 

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

買取実績

この記事は2019年2月1日に投稿されました

使い道のないものを処分しようと思い「終活を兼ねて」宅配買取

買取品詳細 買取品目 有田焼林九郎窯、茶器、童牛櫛類、印材 ご住所 兵庫県加古川市 買取方法 宅配買取 福和堂から一言 ご自宅の使い道のないものを処分しようと終活を兼ねて、買い取り可否のご相談をいただきました。 最初は印 […]
この記事は2018年12月7日に投稿されました

世田谷区にて旧家の解体に伴う遺品・残地物の出張買取

買取品詳細 買取品目 古いマンガ古書、古銭、お茶道具、カメラ、双眼鏡、万年筆、掛時計、中国切手、金貨、中国酒(マオタイ) ご住所 東京都世田谷区 買取方法 出張買取 福和堂から一言 古いマンガ古書、古銭、お茶道具、カメラ […]

着物出張買取の流れ

内容をお知らせください。丁寧な査定・買取をご提案をいたします。

お電話または、申込みフォームからお申込み下さい。その際に、お売りいただくお品の内容や量など詳細をお聞かせ下さい。

ご都合の良い出張買取日程のお伺い日時を決めさせていただきます。当日ご希望で都合がついた場合は、即日出張買取いたします。

 

お約束の日にお品物がある先へお伺いして、査定金額をご提示いたします。買取価格にご納得いただけましたらその場で買取いたします。

出張買取について詳しい詳細

着物宅配買取の流れ

内容をお知らせください。丁寧な査定・買取をご提案をいたします。

お電話または、申込みフォームまたはLINEからお申込み下さい。その際に、お売りいただくお品の内容や量など詳細をお聞かせ下さい。
見積金額にご納得いただき、もし当店にお売りいただける場合は、その旨ご連絡いただければ今後の流れについてお知らせします。手続きに沿ってお品物を着払いにてお送り頂きます。

 

お品物が届きましたら、本査定をおこない事前にお知らせした査定金額と確認をさせていただきます。査定金額にご納得いただけましたら、ご指定の口座にお振込みをさせていただきます。

宅配買取について詳しい詳細

買取品目名
着物買取 思い入れがあるから1円でも高く【帯 染め 生地 布地 作家物 和装小物 簪 扇子】
着物買取
振袖,留袖,訪問着,付下げ,男性用,反物, アンティーク,大正ロマン,他など
帯買取
袋帯,名古屋帯,半幅帯,佐賀錦帯,西陣織,全通柄,六通柄,お太鼓柄,飛び柄,小袋帯,正絹,単帯,作家物,他など
作家物 買取
小宮康孝,志村ふくみ,木村雨山,小森久,山下め由,羽田登喜男,古賀フミ,談議所栄二,浦野理一,上野為二,恵積五郎,新垣幸子,青戸柚美江,長田宮博,金井一人,稲垣稔次郎,由水十久,龍村平藏,福田喜重,蒋雪英,熊谷好博子,誉田屋源兵衛,久保田一竹,他など
和装小物,簪,扇子 買取
帯締め,帯揚げ,帯留め,帯紐,道明,かんざし,髪飾り,珊瑚,金工,翡翠,べっ甲製品,扇子,ショール,他など
染め・生地・布地 その1 買取
加賀友禅,東京友禅,江戸友禅,京友禅,十日町友禅,藍染,疋田絞り,絵羽模様,京極絞り,御所解模様,色留袖,黒留袖,辻が花,大島紬,結城紬,江戸小紋,紅型小紋,更紗小紋,他など
染め・生地・布地 その2 買取
宮古上布,丹波布,芭蕉布,小千谷縮,遠州綿紬,麻,木綿,久留米絣,唐織り,上布,絽,紗,錦紅梅,綿麻,綿縮,縮,綿絽,綿紬,作家物,古布,アンティーク,相撲,キャラクター物,他など
お問い合わせ