1. HOME
  2. 刀剣買取日本刀の売却をご検討なら秘密厳守にて対応【槍や鎧兜、甲冑、刀装具、鍔、火縄銃】

刀剣買取日本刀の売却をご検討なら秘密厳守にて対応【槍や鎧兜、甲冑、刀装具、鍔、火縄銃】

刀剣買取や日本刀買取致します!

売却をご検討の刀剣から槍や鎧兜、甲冑、刀装具、鍔、火縄銃など正しく鑑定し、古き良き文化を次世代へ受け継ぐお手伝いを致します。コレクションで大切にしてきた日本刀・刀剣代々伝わる槍や鎧兜、甲冑、刀装具、鍔、火縄銃確かな鑑定士が目利きで親切丁寧に査定買取致します。

多くの実績と高い信頼を頂いている福和堂にお任せ下さい。ご納得いただける査定買取を致します。もちろん秘密厳守にて対応致します。

刀剣の鑑定書のタイプ(買取前に知っておきたい)

日本刀、刀剣の鑑定書のタイプをご紹介します。

刀剣の鑑定書に関して【買取金額UP

 

各審査機関(公益財団法人日本美術刀剣保存協会などの組織や個人)が出す「鑑定書」は日本刀の買取鑑定における重要な要素の一つです。

鑑定書があると「この日本刀は本物である」ということの証になります。

 

日本刀を買取に出すのであれば必ず登録証も提示しましょう。

 

 

日本美術刀剣保存協会(日刀保) 指定書、鑑定書

 

1948年に東京国立博物館において「日刀保」ができました。

現在は刀剣博物館(東京・両国)にあります。

 

日刀保は

指定書

鑑定書

認定書

 

の3タイプの証書を出しています。

 

これをさらに分類すると、

 

~指定書~

 

刀装具・刀装・特別重要刀剣

刀装具・刀装・重要刀剣

 

~鑑定書~

 

刀装具・刀装・特別保存刀剣

刀装具・刀装・保存刀剣

 

~認定書~

 

刀装具・刀装・甲種特別貴重刀剣

刀装具・刀装・特別貴重刀剣

刀装具・刀装・貴重刀剣

となります。

鑑定書を出す機関は色々ありますが、やはり一番値打ちがあるのは日本美術刀剣保存協会が出す鑑定書です。

特別重要刀剣指定書
重要刀剣指定書
特別保存刀剣鑑定書
保存刀剣鑑定書

重要刀剣(重刀)について

 

日刀保が出す鑑定書の一種です。今、一般的に出回っている刀剣類に関する鑑定書のグレードとしては、特別重要刀剣の次点と言えます。

最初の頃から「重要美術品に類する刀剣である」と判断されれば重要刀剣とみなされていましたが、今もその考え方とほとんど一緒だと言われています。

 

第1回の重刀鑑定が実施されたのは昭和33年のこと。それから60回を超える鑑定が実行されています。

ちなみに「特別貴重刀剣、貴重刀剣→特別保存刀剣、保存刀剣」という変遷があったため、今の日本美術刀剣保存協会が出す鑑定書としては一番歴史の深いものとなっています。

 

膨大な指定件数となりましたが、現在でも刀剣界においては揺るぎない評価を得ています。

特別重要刀剣(特重)について

 

同じく日刀保が出す鑑定書の一種。今一般的に出回っている刀剣類に関する鑑定書のグレードとしては一番です。

「重要文化財に類する刀剣である」というのが、最初の頃の判断基準であると言われていました(ただし、基準がはっきりと公開されていたわけではありません)。

指定件数が多くなった今では、非常に少ないながらも重要文化財指定をされていない年代の「新々刀」に分類される刀剣類も特別重要刀剣に指定されるようになりました。ただ、いまだに「新刀や」や「古刀」に分類される上々作ないし最上作の刀剣類が、指定件数の大半となっています。それから、回を追うごとに指定される流派や刀工の種類も広がってきました。

現に、割合は低いものの上々作や最上作の刀も重要文化財や国宝に指定されています。

 

つまりは「刀としての資料的・歴史的価値、刀自体の質」の方が「位列や時代」よりも重視される傾向にあるということですね。

個人的にはこれは好ましいことだと考えています。

認定書→鑑定書へ

 

1948年から日本美術刀剣保存協会が各種の「認定書(甲種特別貴重認定書、特別貴重認定書、貴重認定書)」を出していましたが、諸般の都合により1981年に「鑑定書(制度)」に変わりました。

日本刀剣保存協会(保存会) 鑑定書

 

1910年に高瀬刃皐さん(その頃の刀剣研究の権威)が「刀剣と歴史」という刀ファン向けの雑誌を創刊したことがきっかけで、日本刀剣保存会ができました。

そこからは、吉川賢太郎さん(高瀬さんの子供)、吉川恒次郎さん(研師)などが受け継いでいくこととなりました。

 

刀剣の買取は、骨董品や古美術品の買取を専門におこなっている当社福和堂へ。刀剣や武具専門の鑑定士がおります。
刀剣買取をご検討でしたら、福和堂に是非1度ご相談いただければと思います。
ご相談

 

鑑定書と刀剣買取

 

刀剣の伝来、極め、本物かどうか、などを証明するものとしては鑑定書・鞘書・折紙などがありますが、今では鑑定の際に絶対に必要なものとして位置づけられています。

 

なぜなら現在は大多数の人にとって刀剣類は「美術工芸品」だからです。

もう「その刀にどれほどの武力があるのか」が重視されるような時代ではもちろんありませんから、「刀の切れ味」などは鑑定にほとんど影響を与えません。

 

そういう時代になっている以上は、鑑定書などをヒントに歴史的価値などを確認することが非常に重要であると言えます。また、刀剣商の立場からすると「鑑定書=第三者による厳格な保証書」ということになるので、あった方が売買しやすいです。それゆえ、鑑定書がある場合は鑑定のときに必ず提示してください。

特に刀の価値が高ければ高いほど、鑑定書がないケースで鑑定額が大きく下がってしまいますので気を付けましょう。

 

日本刀・刀剣といっても様々なものがあります

気に留めていなかった家に眠ったままの着物などが、驚くような値段をつけることが多々あります。もし気になる品があれば是非「福和堂」にご相談ください。

あてはまれば是非ご相談ください

日本刀・刀剣を整理しようと思うが、何から手をつけていいかわからない。

不用品をフリマアプリに出品しようと思うが、手間がかかり面倒だ。

実家を片付けていたら、古くて得体の知れないものが出てきた。

譲り受けた日本刀・刀剣に興味がなく、お金に換えたい。

日本刀買取刀剣のお問い合わせ

 

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

買取実績

練馬区買取実績【書道具・茶道具】
この記事は2019年3月19日に投稿されました

練馬区で書道具(墨 硯 印材)、お茶道具、色鉛筆(FELISSIMO)、額、贈答品をお買取

買取品詳細 買取品目 書道具(墨 硯 印材)、お茶道具、色鉛筆(FELISSIMO)、額、贈答品 ご住所 東京都練馬区 買取方法 出張買取 福和堂から一言 練馬区のお客様のご依頼により、書道具(墨 硯)、お茶道具、色鉛筆 […]
買取実績
この記事は2019年2月1日に投稿されました

使い道のないものを処分しようと思い「終活を兼ねて」宅配買取

買取品詳細 買取品目 有田焼林九郎窯、茶器、童牛櫛類、印材 ご住所 兵庫県加古川市 買取方法 宅配買取 福和堂から一言 ご自宅の使い道のないものを処分しようと終活を兼ねて、買い取り可否のご相談をいただきました。 最初は印 […]

日本刀 刀剣出張買取の流れ

内容をお知らせください。丁寧な査定・買取をご提案をいたします。

※ご準備頂くものは、銃砲刀剣類登録証、身分証明書のコピーです。

お電話または、申込みフォームからお申込み下さい。その際に、お売りいただくお品の内容や量など詳細をお聞かせ下さい。

ご都合の良い出張買取日程のお伺い日時を決めさせていただきます。当日ご希望で都合がついた場合は、即日出張買取いたします。

 

お約束の日にお品物がある先へお伺いして、査定金額をご提示いたします。買取価格にご納得いただけましたらその場で買取いたします。

出張買取について詳しい詳細

日本刀 刀剣宅配買取の流れ

内容をお知らせください。丁寧な査定・買取をご提案をいたします。

お客様にて梱包をお願いします
※一緒に送付頂くものは、銃砲刀剣類登録証、身分証明書のコピーです。

銃砲刀剣類登録証

お電話または、申込みフォームまたはLINEからお申込み下さい。その際に、お売りいただくお品の内容や量など詳細をお聞かせ下さい。
見積金額にご納得いただき、もし当店にお売りいただける場合は、その旨ご連絡いただければ今後の流れについてお知らせします。手続きに沿ってお品物を着払いにてお送り頂きます。

 

お品物が届きましたら、本査定をおこない事前にお知らせした査定金額と確認をさせていただきます。査定金額にご納得いただけましたら、ご指定の口座にお振込みをさせていただきます。

宅配買取について詳しい詳細

日本刀 刀剣人気作家 買取一覧

長船秀光 三原正家(初代 三原正家) 長船元重 長曽祢興里(初代 虎徹) 長曽祢興正(二代目 虎徹) 清関兼元(初代 兼元) 孫六兼元(二代目 兼元) 和泉守兼定(二代兼定) 初代国包(初代 仙台国包) 初代助広(ソボロ助広) 初代忠吉(初代 肥前忠吉) 陸奥守忠吉(三代目 肥前忠吉) 多々良長幸 初代長道(初代三善長道) 高天神兼明 初代加州兼若 兼則 伊予大椽初代勝国 堀川国広 堀川国安

初代和泉守国貞 初代肥後守国康 初代対馬守貞重 与三左衛門祐定 藤四郎祐定 津田越前守助広 近江大椽忠広 越後守二代包貞 藤島友重 越前守信吉 主水正正清 修理亮盛光 左京亮康光 一平安代 長船二代家助 若狭守氏房 次郎左衛門勝光 右京進勝光 三代兼定 関兼房 関兼常 上総介兼重 越前兼植 越前兼則 会津兼定 越後守国儔 二代山城守国包 初代山城大椽国次 岡山国宗 大与五国重 初代武蔵大椽是一 伊賀守定次 南紀重国(初代) 津田近江守助直 長船祐光

横山祐定 長船忠光 一竿子忠綱 摂津守初代忠行 陸奥忠重 相州初代綱広 対馬守常光 丹後守直道 長船初代則光 助右衛門則光 長船初二代法光 長船秀助 近江守初代久道 金房正真 坂倉初二代正利 大和大椽初代正則 奥州政長 日置光平 左京進宗光 日置宗弘 大宮盛景 初二代康継 大和守安定 備中守康広 高田行長 京初二代吉道 大阪初二代吉道 武蔵守吉門 伊勢大椽吉弘 佐々木一法 (二代) 大和大椽初代氏重 加州初二代勝家 会津初代兼友 越前兼植

武蔵守兼中 作州兼景 筒井越中守紀充 五郎左衛門清光 勝兵衛清光 八幡山清平 八幡大椽清光 二王清実 伊賀守初代金道 和泉守初二代金道 出羽大椽国路 摂州国光 鬼神丸国重 相模守国維 河内守国助 山城守初二代国清 会津国貞 相模守国綱 高井国義 菅原国武 鈴木貞則 和泉守貞重 加賀守貞広 大和大椽貞行 井上真改 土肥真了 埋忠重義 播磨大椽初代重高 信国国包 信国重貞 高田重行 津田草書銘助広 摂州助高 出羽守助信 備前守祐国 肥前初代忠国 四代忠吉

因幡初代忠国 初代継平 下阪継広 肥後守輝広 下原照重 陸奥守初代歳長 山城守初代歳長 武蔵守友常 聾長綱 高井初代信吉 伯耆守初二代信高 十郎左衛門春光 金四郎久道 山城守初代秀辰 若狭守広政 伯耆守汎隆 法城寺正弘 越中守正俊 肥前初代正広(河内大掾正広、二代目 肥前忠吉) 備中大椽正永 金房政次 高田初代統行 上総大椽宗道 常陸守宗重 河内守本行 千手院盛国 石堂守久 河内守康永 二代安倫 肥前初代行広 出雲大椽初二代吉武 大和守初二代吉道

上野介吉正 上野守吉国 鬼塚吉国 長船在光 佐々木初代一峯 加州家吉 加州家忠 関兼国 蜂屋兼貞 関兼則 関兼辰 関兼音 関兼道 相模守兼安 上野守兼定 下総大椽兼正 小松兼巻 手掻包定 河内守包定 波平清佐 赤坂千手院国長 宇多国房 薩摩国平 川島国平 法城寺国吉 松山国輝 大和守国行 日州国富 波平重吉 南紀二代重国 伊賀鎮政 関寿命 武蔵助鄰 出羽守助重 七兵衛祐定 越中守高平 越後守忠道 陸奥守初代為康 下阪為利 相州綱家 長船初二代経家 陸奥守輝政

高田輝行 関長俊 摂津守初代永重 長船久光 上野守久国 千手院広長 安芸初代広隆 信濃守初代弘包 波平寛安 同田貫正国 三原正近 石道正俊 豊後守正全 相模守初代政常 若狭守道辰 下総大椽宗吉 平盛方 相州康春 下原初代康重 大和守安行 藤島行光 陀羅尼吉家 播摩守吉成 三条義国 長船賀光 正阿弥勝義 月山貞一 小宮四郎國光 高橋貞次 宮入行平 隅谷正峯 傘笠正峯 天田昭次 大隅俊平 清水忠次 森脇正孝 月山貞利 吉原義人 吉原国家 河内國平 藤原兼房

加藤兼房 廣木弘邦 宮入清宗 苔口仙琇 宮入昭平 佐々木恒春 武州住正恒 國廣 長州住友賢 紀州住貞命 埋忠 長州萩庵人友義 長州萩住八道友之 菊岡光保 光正 越前住記内 長曽禰興里 明珍 武州住赤坂忠時 丹州住定正 伊豆国住寿雅 江府住正光 江州彦根住藻柄子宗典 柳川直隆 西垣勘平 源盛吉 石黒政美 石黒政近 水心子正秀 柳川直時 一刀斉兼高 長州住友直 越前住記内 正阿弥重信 後藤一乗 後藤法橋一乗 池田孝寿 横谷元意 加納夏雄 大森英秀 濱野直随

仲矩 国友藤兵衛能當 江州国友林右衛門重當 国友貴重 江州国友源右衛門 江州国友宗右衛門道植 国友丹波大堟橘宗俊 国友善兵衛 芝辻清右衛門(芝辻仙斎) 八板金兵衛(八板清定) 和田治太夫 和田太一郎 国友鳳楽舎国安 国友尚親 国友九兵衛縁寿 国友丈右エ門久義 岡儀左衛門重行 榎並屋宗右衛門 榎並勘左衛門重泰 長州住藤田永弘 摂州住榎並屋佐兵衛 富岡住平冶吉久 阿州多田隆太郎幸英 阿州石川義八郎正秀 阿州近藤朝之助正高 阿州石川嘉二郎義守

仙台住木田市郎右衛門 仙台住儀兵衛 仙台住宍戸為左衛門善信 角田大助廣次之 巻張出来助右衛門正優 土州逸士富田三郎義之 松本宇兵衛重邦 千代丸 山口義惟 藍屋与三衛門 摂州住山田五兵衛重尭 新井龍五郎敬定 植松紋三郎信立 本間琢斎 本間六兵衛藤原貞信 その他

赤坂家 安芸国 阿波国 伊藤派 石黒派 一宮派 因幡国 出雲国 石見国 伊予国 岩本家 岩代 磐城 羽前 羽後 越後 越中 越前国 大森派 大月派 岡本派 近江国 河野家 加賀国 紀伊国 京生阿弥派 後藤一乗派 後藤派 菊丘派 薩摩国 讃岐国 周防国 土屋派 田中家 筑前国 筑後国 土佐国 常陸国 奈良派 長門国 野村家 浜野派 平田派 播磨国 備前国 備中国 備後国 肥前国 肥後国 豊前国 豊後国 美作国 村上家 柳川派 横谷派 吉岡派 陸奥 陸前 陸中 その他

国友筒 堺筒 日野筒 備前筒 土佐筒 薩摩筒 仙台筒 南蛮筒 稲富筒 関流筒 小筒 中筒 士筒 馬上筒 短筒 大鉄砲 狭間筒 その他

買取品目名
刀剣買取日本刀の売却をご検討なら秘密厳守にて対応【槍や鎧兜、甲冑、刀装具、鍔、火縄銃】
刀剣・日本刀の買取
太刀・刀・脇差・短刀・槍・薙刀など
槍・薙刀買取
平三角槍・十文字槍・笹穂槍・薙刀など
鍔買取
火縄銃・古式銃買取
拵・武具・甲冑買取
鎧・兜・甲冑・面頬・火縄・古式など
刀装具買取
鍔・目貫・小柄・笄・拵など
お問い合わせ