1. HOME
  2. 香木(伽羅・沈香)の買取依頼なら【福和堂】へ|香木の高価買取

香木(伽羅・沈香)の買取依頼なら【福和堂】へ|香木の高価買取

何に使うのかはわからないけれども、自宅にずっと眠っている「良いニオイの木」がある、という方はいらっしゃいませんか?

それは香木といい、現在その価値が高騰しています。
福和堂でも、香木の買い取りを絶賛強化中です。

買取価格は、良質なものなら貴金属に匹敵するほどの金額になることも。ここでは、香木についてご紹介いたします。

香木 買取 強化中「伽羅(きゃら)沈香(じんこう)」

高価買取香木

福和堂では、香木の買取を強化しております。その中でもとりわけ、伽羅(きゃら)と沈香(じんこう)という香木は絶賛買取強化中です。

一昔前までは香木を集めることを趣味としている方も多くいらっしゃったことから、遺品整理やお仏壇の清掃をした際などに香木が出てきた、とお持ち込みになるお客様も最近増加傾向にあります。

また、見た目は単なる樹木ですから、香木という存在をご存知でないお客様からは「どのくらいの値段になるかわからないのだけれども、どうやら古いもののようだ」とお持ち込みを頂くケースもあります。

いずれのパターンでも、予想以上の買い取り価格にお喜びになるお客様が大多数です。

すでに亡くなられたご家族の方が所有されていた香木の場合、お仏壇周りにお線香などと一緒にしまわれているケースもありますし、貴重品入れの中に入っていることもありますが、大きなもので価値の高いものになると金庫にしまわれているというケースもあるようです。

もちろん、現役の香木コレクターの方で香木を一度放出しようというお考えの方も大歓迎です。現在その価値は大変高騰しておりますので、一度福和堂までお見せください。

ご満足いただける結果が出せるよう、誠心誠意鑑定させていただきます。

 

香木の価値

香木買取

品質が良く、またある程度まとまった大きさの香木については、その場で数十万円単位の値がつくこともあります。

香木は、今後ますますその価値が上昇していくと考えられます。なぜかというと、香木は自然が作り出す最高芸術だからです。というのも、香木はもともと樹木が倒木を避けるために防衛本能のような形で放出する樹脂が固まることで香木となります。

樹木にも防衛本能がありますから、木が倒れることを防ぐために沢山の樹脂を放出します。その樹脂で、木の土台を支えようというのです。この樹脂の香りが非常に良く、香木の元となります。ただし、樹脂を放出したからといって未来永劫に木が倒れるのを防ぐことはできません。

樹脂を放出し始めてから、実際に木が倒れて朽ちるまでの間、その期間が長ければ長いほどたっぷりと樹脂が出ますので上質な香木が出来上がるというわけです。

また、珍しい事例ではありますが数百年もの間樹脂を出し続け、最後に倒れた際にも土中に埋まることで樹木の不純物が分解され(土に還り)、純粋な「樹脂のみ」が後から出てくるというケースもあります。

これは大変に貴重なもので、香りも抜群に良いことから、沈香の最上級ランクである伽羅と呼ばれる香木になります。

上質な香木かどうかの見分け方は非常に簡単で、水に沈むかどうかです。

ただし、ご自身で試される前に必ずプロである私どもへ一度お見せいただければ幸いです。水につけることで香木のコンディション・価値に変化があるといけませんので、まずはプロの手にお任せください。

 

香木(こうぼく)とは

古くは推古天皇の時代から、時代の寵児達にも愛されてきた香木。
歴史を紐解くと、日本書紀にもその記述を見つけることができます。その頃から、非常に貴重でまたその香りも珍重されてきました。

日本では現在「香道」といって、お香の香りを楽しむためにも使われます。

(※余談ですが、お香の香りを嗅ぐことを「香を聞く」(聞香・もんこう)といいます。)

よく白檀の香りなどと言ったりしますが、これも香木の一種です。

ただし天然の香木は非常に高級なため、その辺にある木片に香木の香りをつけたものを香木と偽って販売したりするケースも昔から後を絶ちません。

そのため、本物の香木かどうかを鑑定するにはプロの技術が必要です。

六国五味

江戸時代に香木の分類、六国五味(りっこくごみ)が完成しました。

香道では香木の香質を味覚にたとえて、辛(シン)・甘(カン)・酸(サン)・鹹(カン)・苦(ク)の5種類に分類する。これを「五味」という。

  1. 辛(カライ)
  2. 甘(アマイ)
  3. 酸(スッパイ)
  4. 苦(ニガイ)
  5. 鹹(シオカライ)

また、その含有樹脂の質と量の違いから6種類に分類し、六国(りっこく)と称する。

  1. 伽羅羅国
  2. 羅国
  3. 真那加
  4. 真南蛮
  5. 寸聞多羅
  6. 佐曽羅
伽羅
(キャラ)
其(その)さまやさしく位ありて、苦味を立るを上品とす。
自然とたおやかにして、また、辛味あり。
酸味・鹹味も有。
其一は苦をたつるをいう。また優美なる事、譬(たとわ)ば宮人の如し
羅国
(ラコク)
前後に自然と酸味をつかさどる。伽羅にまがうなり。
しかれども、位うすうすとして賎しきなり。
其さま武家の衣冠を粧いたる風情と知るべし
真那加
(マナカ)
匂いかろく艶なり。
其香のうするを上品とす。香に僻有。仮令ば女のうち恨みたがる如し
真南蛮
(マナバン)
甘えおたつるもの多し。
銀葉に油つくこと真南蛮のしるしとす。然れども外にあり。
寸聞多羅
(スモタラ)
上品にいたりてしぜんと匂いすることなり。
仮令ば白檀のごとき匂いあり。おおかた是も苦味を立る。
其さま商人のよき衣著たるが如し
佐曽羅
(サソラ)
匂い冷ややかにして酸味あり。
上品は焚出しに、伽羅まがう聞あり。
しかれども自然と軽くして、余香に潜れり。其さま僧のごとし。

沈まない沈香・沈む沈香【香木買取

沈まない沈香・ 沈む沈香 「沈香」という名前ではありますが、沈まない沈香も存在します。ただ、手で触って沈むかどうかを見極めることが多く、本当に水に入れることはあまりしません。重さがそれなりにあるのであれば「沈む沈香」として扱うことになります。そして、沈香の値段(値打ち)は「油分」や「重量」などに左右されます。

沈香について

 

香木事情

最新の香木事情としては、やはり天然の香木の生産量が落ち込んできていることからもその価値の高騰が顕著に見られます。

香木の本場とも言える生産国周辺で手に入る香木も、いわゆる人の手が入った「人工」が増えてきており、世界的に香木の需要とその価値が上昇傾向にあります。

特に中国周辺からの需要が高まりつつあることから、日本国内の香木も価格が上がってきているという状況です。

ご自宅に眠る香木があれば是非、福和堂までお見せください。もちろん、様々な事情のある香木であっても構いません。

ご事情をお伺い秘密厳守で、さらに臨機応変に対応させていただきます。このように「人の血が通った買取」は福和堂にお任せください。

あてはまれば是非ご相談ください

遺品を整理しようと思うが、何から手をつけていいかわからない。

香木をフリマアプリに出品しようと思うが、手間がかかり面倒だ。

いい品物だけど、ネットアプリだと素人なので価格が安い。

実家を片付けていたら、古くて得体の知れない 香木のようなものが出てきた。

譲り受けた 香木 に興味がなく、お金に換えたい。

香十徳と香の効能

1937年、フランスのルネ・モーリス・ガットフォセが「アロマテラピー」を著すよりもずっとずっと前に、東洋では「香十徳」の中で香の効能について説かれています。

 「香十徳」は北宋の詩人、黄庭堅によって記された漢詩で、日本では「一休さん」の説話でも知られる一休宗純によって広められました。「香十徳」の内容は下記のとおりです。

1. 感格鬼神・・・感は鬼神に格(いた)り
2. 清淨心身・・・心身を清浄にし
3. 能除汚穢・・・能(よ)く汚穢(おわい)を除き
4. 能覺睡眠・・・能(よ)く睡眠を覚し
5. 静中成友・・・静中に友と成り
6. 塵裏偸閑・・・塵裏(じんり)に閑(ひま)を偸(ぬす)む
7. 多而不厭・・・多くして厭(いと)わず
8. 寡而為足・・・寡(すくな)くして足れりとす
9. 久蔵不朽・・・久しく蔵(たくわ)えて朽ちず
10. 常用無障・・・常に用いて障り無し

意訳にはなりますが、もっと簡単に説明するとこのような感じです。

1. 感覚を研ぎ澄まし
2. 心身を清らかにし
3. よく穢れを取り除き
4. よく眠りを覚まし
5. 静けさの中に安らぎをもたらし
6. 忙しい時にも心を和ませる
7. 多くても邪魔にならず
8. 少なくても十分に足りる
9. 年月を経ても朽ちず
10. 常に用いても障りはない

香の本質が、たった40文字の中で見事に表現された素晴らしい漢詩であるとともに、今も昔も香の効能に対する考え方が変わらないことに驚かされます。

香木の査定について

香木の査定をさせていただく際は、外観確認は勿論ですが、香木を少量を削り実際に焚いてみて確認させて頂くことになります!ご了承ください。

外観に変化が生じる程、削るわけではございませんので、ご安心ください。
詳しい調査の必要がある場合には、若干のお時間を頂きます。お預かりとなる場合もございます。
可能な限りわかる範囲内で結構ですので、ご購入された時の購入先やその他の情報があれば必ずお知らせください。

香木に銘が書かれたメモや、箱、ご原産地証明や輸出許可証の情報もございましたらお伝えください。

香道具(こうどうぐ)の買取 魅力的な香道具高価買取!

香道具高価買取

香道具の買取なら福和堂に是非ご相談ください。「魅力のわかる」目利きの鑑定士が、お客様の香道具を大切に鑑定させていただき、そして絶対的な自信を持って高価買取をさせていただきます。ここでは福和堂の香道具買取というテーマで、香道具の歴史や買取のポイントなども交えながらご紹介していきます。

香道具の買取について

 

査定無料・出張無料・鑑定無料

お問い合わせ

 

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

買取実績

中国美術買取
この記事は2019年8月5日に投稿されました

中国美術品の買取をさせていただきました【埼玉県川口市】「中国美術品出張買取」

埼玉県の川口市のお客様から中国美術品の買取でお声がけをいただきました。何度もお声がけいただいているお得意様です。今回も中国美術品のコレクションの売却でお声がけいただきました。中国美術品【出張買取】のご依頼です。青花、硯、掛け軸等の買取のご依頼をいただけました。
書道具買取実績
この記事は2019年7月4日に投稿されました

硯 墨 印材等を買取させていただきました【静岡県】「書道具宅配買取」

書道具の売却理由引っ越しを控えており、家の中を見直し、私は使わないけれど、どなたかのお役に立てればと思い、ご連絡をさせて頂きました。また、実は、現在も書道をしているのですが、なかなか時間が取れず、硯、印材を使いこなせていない状況でございます。
書道具買取
この記事は2019年6月24日に投稿されました

水差し 硯 筆 印泥 墨 半紙を買取させていただきました【横浜市】「書道具出張買取」

書道具をはじめ半紙や画仙紙が大量にあるとの事で、横浜市の出張買取のご相談をいただきました。過去に別の業者に依頼をされたことがあるらしく、査定後に金額に納得ができなかったとの事でした。適正な価格で、正直な査定を心がけております。良いお品物は高く買取、高く販売するそれが和堂の商売の姿勢です。
小刀買取
この記事は2019年6月11日に投稿されました

小刀 買取 槍等を買取させていただきました【板橋区】「菊一文字」

着物の買取と小刀、槍の買取のご相談をいただきました。小刀は摩利支天尊の彫の綺麗な小刀でした。一点一点丁寧に査定をさせていただき、中でも 小刀は「すべて菊一文字作」のお品物でございました。板橋区は、買取依頼も多くあるエリアです。刀が他にも数十本あったみたいです!刀以外でも買取できる物が多くあるので処分前に査定を!
着物買取
この記事は2019年5月24日に投稿されました

着物って買取してもらえるの?とのご相談から作家着物買取させていただきました【板橋区】「加賀友禅」

着物って買取してもらえるの?とご相談から、着物の買取のご相談をいただきました。板橋区で着物を買取してもらうならココしかない!と思われお声がけいただけたみたいです。お伺いすると着物が十数点とお茶道具がございました。一点一点丁寧に査定をさせていただき、「本加賀友禅訪問着」がございました。着物、お茶道具すべてお買取!

香木 買取 出張買取の流れ

内容をお知らせください。丁寧な査定・買取をご提案をいたします。

お電話または、申込みフォームからお申込み下さい。その際に、お売りいただくお品の内容や量など詳細をお聞かせ下さい。

ご都合の良い出張買取日程のお伺い日時を決めさせていただきます。当日ご希望で都合がついた場合は、即日出張買取いたします。

 

お約束の日にお品物がある先へお伺いして、査定金額をご提示いたします。買取価格にご納得いただけましたらその場で買取いたします。

出張買取について

香木 買取 の流れ

内容をお知らせください。丁寧な査定・買取をご提案をいたします。

お電話または、申込みフォームまたはLINEからお申込み下さい。その際に、お売りいただくお品の内容や量など詳細をお聞かせ下さい。
見積金額にご納得いただき、もし当店にお売りいただける場合は、その旨ご連絡いただければ今後の流れについてお知らせします。手続きに沿ってお品物を着払いにてお送り頂きます。

 

お品物が届きましたら、本査定をおこない事前にお知らせした査定金額と確認をさせていただきます。査定金額にご納得いただけましたら、ご指定の口座にお振込みをさせていただきます。

宅配買取について

買取品目名
香木(伽羅・沈香)の買取依頼なら【福和堂】へ|香木の高価買取
香木の種類 (六国五味)
伽羅 沈香 白壇 羅国 佐曽羅 真南蛮 寸聞多羅 寸門陀羅 真那賀 「現代では新伽羅(しんきゃら)も分類される」
強化買取 香木
伽羅奇楠沈水 伽羅「まがきの梅」 伽羅「鳳池」 伽羅「無一物」 「獅子山水」 伽羅「みやぎの」 伽羅「千歳の花」 伽羅「峯の花」伽羅「棹鹿」 「篝火」 伽羅「むすびし水」 「乱れ雲」 伽羅「香林」  等他
強化買取 伽羅
伽羅木(きやらぼく),伽藍木(からんぼく),伽南木(かなんぼく),棋楠(きなん),奇楠(きなん)
ご相談