1. HOME
  2. コンテンツ
  3. 大島紬について知るどんな時に着るの?「歴史や特徴・種類」

大島紬について知るどんな時に着るの?「歴史や特徴・種類」

大島紬

着物に興味がない方は、あまり知らないと思いますが、大島紬は非常に希少性が高く、高額な着物として知られています。
高額な着物ということでなかなか、手を出しづらい部分もあると思いますが、大島紬の魅力を知れば知るほど、すごく興味が沸いてくる、すごくおしゃれな着物です。
今回は、この大島紬の着物について詳しくまとめていき、少しでも大島紬の事を知って頂くことそして、大島紬の良さを肌で感じて頂けたらと思います。

大島紬について知る

 

それでは、大島紬について詳しく見ていきたいと思います。
大島紬は、鹿児島市周辺、鹿児島県奄美大島、宮崎県都城市で作られている、伝統のある平織の絹織物です。

大島紬2種類の呼び方

呼び方は2種類あり、鹿児島県奄美大島で作られている大島紬の事を、本場奄美大島紬、そして、鹿児島や宮崎で作られている大島紬の事を本場大島紬と呼ばれています。

大島紬の歴史

歴史

実は、この大島紬の歴史は非常に長く、7世紀頃からと言われています。
そう考えると、約1500年もの歴史があることが分かりますが、大島紬は、江戸時代が盛んであったようです。
江戸時代唐の時代には、薩摩藩がこの地を治めており、薩摩藩の上納品として持ち入れられたのがこの紬糸なのです。

そんな大島紬は、ペルシャ絨毯、フランスのゴブラン織と並ぶ、世界三大織物の一つとも言われています。
日本が誇る最高の絹織物ということが分かります。

江戸時代の浮世草子作家、井原西鶴の「好色盛哀記」という作品には「黒羽二重に三寸紋、紬大島長羽織」と当時の粋人たちの装いが記され、昔から高く評価されていた事をうかがうことができます。

貴重性の非常に高い大島紬の柄といえば、主に自然の草花です。

大島紬の柄(自然の草花)

自然の草花

もちろん時代の変化や技術の進化によって、現在では多種多様の柄があります。

昔の歴史を振り返れば、当初の大島紬は、琉球絣の流れを受け継いでいました。
そんな大島紬は、明治末期に締機が開発されたことによって、独自の柄がデザインされるようになりました。
この時期から自然や身近な暮らしをモチーフにしたデザインが多く生み出され、時代と共に変化していったといっても過言ではありません。
現在で残されている柄では、伝統柄と呼ばれています。

大島紬
未使用品 本場大島紬 『都喜エ門 陽炎にゆれて』

大島紬はいつ着る着物

貴重な大島紬はいつ着る着物なのでしょうか?
と歴史を見ながら貴重なだけに一体いつ着ていたのかすごく気になりますよね。

この大島紬は、高額な着物のなかでもすごく貴重品で、織りの着物は、正装ではなく、あくまでもおしゃれ着の一つとして愛されてきました。

大島紬は、非常に手間暇かかる技法の一つで作られる分、高額な着物としては誰もが納得する着物です。

大島紬

ここで高級品なのに普段着やおしゃれ着にしか活用できないのはすごく残念と思われる方も非常に多いと思いますが、本当のおしゃれというものはそういうものではないのかもしれませんね。
紬や絣といった織物の着物とは、先染めのきものといって、糸から染めてから織りあげる着物ですので、後染めの着物にあるような絵羽ものように豪華な色柄ではないのですが、さりげない普段のおしゃれをどれほどまでにも贅沢にしてくれる絶品なのです。

現在では着物をあまり着る方も減り、着物を着ている方を見るだけでも、すごくおしゃれをしているイメージってありますよね。
結婚式やパーティーなどで着物を来ている人を見ることはありますが、本当のおしゃれというのは、日々の暮らしの中で着物を着こなす事なのです。

そういった中でそれが大島紬であれば、あまり着物を知らない方でもでも贅沢な一品ということは、すぐに分かります。

大島紬を着る場所の例・・・

下町・京都・小京都などの街歩き
日本料理・料亭へお出かけされるとき
博物館・美術館などの芸術鑑賞
能・歌舞伎などの演劇鑑賞
同窓会・お茶会などの集まり
などです。

もちろん、普段の生活のなかで大島紬を着ることは、優越感以外何ものでもないのですが、大島紬はそれだけで終わらせることではなく、すごく着やすく普段使うことに適しているのです。
風合いが優しく、軽く柔らかくてすごく丈夫なところは流石と呼べますし、伝統ある着物だということそれ以外言いようがないですね。
すごく、色自体は地味になるのですが、帯を変えるだけ雰囲気が変わり、同じ着物でも、いろいろなシーンや場面で楽しむ事ができるのではないでしょうか?

大島紬とは憧れる着物の一つ

憧れ

着物が好きな方々にとっては、大島紬とは本当に憧れる着物の一つです。
伝統柄には、亀甲や四角のモチーフが印象的な西郷、日と米が浮かび上がる日米、花がモチーフの可愛らしい精華、東シナ海に面した秋名地区で編まれていたサンバラと呼ばれる竹製のザルをモチーフにして作られた柄の秋名バラなどがあり、すごく地味な色合いの中でシンプルにデザインされた大島紬は、やはり高級感があり人から愛される柄が多くなっています。

着物を着ることがなくなった現代社会の中ですから、着物だけでも高級に見える方もいると思いますが、伝統のある大島紬の世界を知れば知るほどその奥の深さに共感を持てるのではないでしょうか?

普段の生活の中で、日本の伝統であり高級な大島紬を着ることで、改めて日本の歴史を感じる事ができるのではないかと思うばかりです。

最後に

大島紬について知るどんな時に着るの?「歴史や特徴・種類」」をご紹介しました。

家の中に眠っている、ガラクタだと思っていたものが、実は高値の付く着物かもしれません。

心当たりがありましたら、一度は鑑定士に見てもらうことをおすすめします。

「福和堂」では、経験豊富な鑑定士がお客様の骨董品をはじめ、着物買取茶道具買取など、さまざまな物品を査定いたします。ぜひご相談ください。

着物の買取 福和堂のサービス&コンテンツ

福和堂では着物買取の他にも磁器、古伊万里、骨董品、美術品、書道具、茶道具、銀製品、食器、古書、古道具、絵画、民芸品、花器、時計、贈答品、雑貨などの買取にも力を入れております。家の中に眠っている、ガラクタだと思っていたもの整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「骨董品買取の福和堂」にお任せ下さい。

お問い合わせ

 

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

 

出張買取の流れ

内容をお知らせください。丁寧な査定・買取をご提案をいたします。

お電話または、申込みフォームからお申込み下さい。その際に、お売りいただくお品の内容や量など詳細をお聞かせ下さい。

ご都合の良い出張買取日程のお伺い日時を決めさせていただきます。当日ご希望で都合がついた場合は、即日出張買取いたします。

 

お約束の日にお品物がある先へお伺いして、査定金額をご提示いたします。買取価格にご納得いただけましたらその場で買取いたします。

出張買取について

宅配買取の流れ

内容をお知らせください。丁寧な査定・買取をご提案をいたします。

お電話または、申込みフォームまたはLINEからお申込み下さい。その際に、お売りいただくお品の内容や量など詳細をお聞かせ下さい。
見積金額にご納得いただき、もし当店にお売りいただける場合は、その旨ご連絡いただければ今後の流れについてお知らせします。手続きに沿ってお品物を着払いにてお送り頂きます。

 

お品物が届きましたら、本査定をおこない事前にお知らせした査定金額と確認をさせていただきます。査定金額にご納得いただけましたら、ご指定の口座にお振込みをさせていただきます。

宅配買取について

 

関連記事

買取実績

茶道具買取

掛け軸買取

書道具買取

着物買取

中国美術買取

刀剣買取

お酒買取

LINEでご相談【福和堂】

Add friend

その際・お名前・ご住所・電話番号をお願い致します。
LINE査定について

注目お買取品目

Twitter

骨董品 古美術品 古道具 買取