1. HOME
  2. コンテンツ
  3. 買取で人気の商品?!遺品買取(生前整理)で査定をするなら知っておきたいお金とお品物

買取で人気の商品?!遺品買取(生前整理)で査定をするなら知っておきたいお金とお品物

美術品

遺品買取で売却を考えているなら査定をする前に知っておきたいお金に換えられるものを紹介します。

 

 

特に別居しているご家族がお亡くなりになった場合は、遺品整理を進めて部屋の明け渡しに備える必要があります。

「明け渡しまで時間がない」「遺品が多すぎる」などのことから、遺品整理会社に任せる人も少なくありませんが、遺品のうちには「価値が高いため、普通の買取店に売却した方がいいもの」も多々あります。

 

また、遺品整理会社に任せると処分費や清掃費も発生しますので、

遺品を厳選してから買い取ってもらって、コストを下げましょう。

 

今回は「お金になりやすい遺品」を紹介していきます。

遺品整理に関する注意点も挙げておりますので、ぜひご覧ください。

 

骨董品や古美術品の買取を専門におこなっている当社福和堂には各専門の鑑定士がおります。
買取をご検討でしたら、福和堂に是非1度ご相談いただければと思います。
ご相談

 

「定番の遺品」(生前整理)でお金になるもの

時計:数万~数十万円

オメガやロレックスなどのブランド時計は、数十万円で売却できる可能性が高いです。

ことにロレックスの価値は安定しており、「デイトナ」については百万円以上の値が付く場合も少なくありません。

 

【高額売却の秘訣】

保証書とケースが残っているならそれも審査に出してください。

これがあるとないとでは審査金額がかなり違ってきます。

また、汚れがあれば、キズを作らないように慎重に拭きましょう。

数件の会社に見積もりを出してもらい、じっくり値段交渉をすることをおすすめします。

 

貴金属:購入金額の1割くらい

時計などの貴金属や、ブローチ、ネックレス、指輪などのアクセサリーは高く売れる可能性が高いです。

ただし、ロレックスやオメガなどのブランド時計は、「時計」扱いで売った方が高額で売却できるケースが多いです。

 

【高額売却の秘訣】

ブランド品でないものは「貴金属」として、それなりのブランドの時計やアクセサリーは個別の品目で審査に出すと高く売却しやすくなります。

「貴金属」や「時計」など、特化分野が異なる数件の買取会社に審査してもらうのがおすすめです。

 

カメラ:3千~3万円くらい

 

 

元々購入金額が高いデジタル一眼レフカメラなどは、高く売れやすいです。

プロ仕様モデルであれば数万円単位になりますし、入門機であっても数千円にはなります。

(買取金額は性能次第で違うということですね)

 

特に審査金額が高くなりやすいのはニコンやキャノンのデジタル一眼レフカメラ。

「ニコン D5 XQD-Type」や「キャノン EOS-1DX MarkⅡ」に至っては審査金額が40万円程度になることさえあります。

 

【高額売却の秘訣】

各種付属品やアクセサリ(アイピース、ストラップ、レンズなど)も可能な限り一緒に査定に出してください。

また、レンズ内の汚れやカビもしっかり拭きましょう。

場合によっては、メーカーにクリーニングしてもらうことも検討してください。

 

家電・家具:数百円~三万円くらい

大手メーカー(SHARP、Panasonicなど)の家電の審査金額は高くなりやすいですが、もちろん元々の購入金額次第です。また、家電については買ってから3~5年以上経つと売れにくくなるという事を覚えておきましょう。

そして家具についてですが、民芸箪笥や和箪笥などに関しては高く売れやすいです。

 

【高額売却の秘訣】

家電も家具も汚れを拭いておきましょう。

また、説明書、保証書、付属品も可能な限り集めてください。

それから、家電については動作のチェックもしておくのがおすすめです。

 

将棋盤・囲碁盤:1000~8000円くらい

 

本格的な囲碁盤や将棋盤は高値で売れやすいです。

コンディションや素材次第ではありますが、数万円になることもあります。

ちなみに、将棋盤・囲碁盤の審査金額は主に「木目」「木の種類」「駒の造り手」などに左右されます。

 

【高額売却の秘訣】

まず、汚れを丁寧に拭きます。

傷についてはごまかそうとすると審査金額が落ちる場合があるので気を付けましょう。

また、将棋盤については駒も一緒に査定に出すようにしてください。

 

着物:1万~5万円くらい

着物買取

 

「リサイクル衣料」扱いで着物を売却した場合の相場は数百円~数千円くらいです。

ですが、着物の作家、造った年代、素材などによっては売却金額が高くなる場合があります。

伝統工芸品・美術品のような扱いを受けている「大島紬」「友禅染」「西陣織」などは特に高くなりやすいです。

【高額売却の秘訣】

着物は着物専門店に一枚ずつ審査してもらいましょう。普通に買取店に任せると「○キロいくら」などで安く買い叩かれてしまう可能性が高いです。

また、コンディションに少しくらい難があっても作家や年代次第では高額で売却できる場合も。

 

ゴルフ道具:600円~1万円くらい(セットで5万円くらいまで)

 

ゴルフ道具は元々高いものが大半ですから、審査金額も高くなる場合が多いです。

ただし、ほとんどのゴルフ道具は価値が落ちやすいので気を付けましょう。

ですが「ゼクシオ(XXIO)」のゴルフ道具は、古くても価値が落ちにくいです。

ちなみに、木製のクラブは「ゴルフ道具」というよりは「骨董品」とみなされる場合が多く、高く売れやすいです。

 

【高額売却の秘訣】

ニューモデルが登場するたびに価値が落ちるので、速やかに売却しましょう。

また、セットで一括で売った方が売却額が高くなりやすいです。

それから、ホコリや汚れを丁寧に拭いておくことも大事です。

 

日本酒:1000~10000円くらい 洋酒(ブランデー):千円~数十万円くらい

お酒買取

 

高級・年代物のお酒に関しては、収集家もいますので高値が付きやすいです。

ちなみにお酒の審査金額は、希少性、箱があるかどうか、ボトルのコンディション、生産年、メーカーなどに左右されます。

具体的には「ルイ13世」であればコンディション次第で30万円オーバー、「ヘネシーXO」であれば2万円前後などなど。

 

【高額売却の秘訣】

日本酒や洋酒のラベルにシミや汚れがあると審査値段がダウンしますので、ボトルは慎重に拭いてください。ボトルを綺麗にすることができれば金額が高くなりやすくなります。

また、替えフタや箱などの付属品も一緒に審査してもらった方が高値になりやすいと言えます。

勲章:300円~30万円くらい

勲章買取

 

美術品として、または歴史的な意義のある勲章は審査金額が高くなりやすいです。

収集者が多く、レアだったり上位階級のものだったりする勲章ほど高値になる傾向があります。

ヨーロッパの勲章の需要が特に大きく、その中でも騎士団系の勲章は高額になりやすいです。

 

【高額売却の秘訣】

勲章は可能な限り綺麗にして、箱や付属品もしっかり査定に出しましょう。

リサイクル店などは避けて、勲章の価値を適切に見抜いてくれる専門企業を利用することをおすすめします。

 

金:1グラムにつき4600~4900円くらい

 

金は言うまでなく高値ですし、価格の大幅な増減がほぼないことから投資家の間でも人気となっています。

ちなみに金の審査金額は、そのタイミングでの時価相場や重さに左右されます。

 

【高額売却の秘訣】

金は基本的に値段が高いわけですが、それでも相場をしっかり把握してより高いタイミングで売却することをおすすめします。

また、リサイクル店などは避けて、貴金属専門ショップを利用することをおすすめします。そうすれば、そのタイミングでの相場の動きも分かるはずです。

 

スマートフォン:7千~3万6千円くらい PC(Mac):3万~5万円くらい

 

 

スマートフォンやPCなどのデジタル機器のニーズは常に高く、新しい機種ほど審査値段が高くなります。

特にAppleの製品は高額になりやすく、古い機器でも数万円の値段がつく場合も。

 

【高額売却の秘訣】

「高額で売るため」の行動ではありませんが、スマートフォンやPCなどはデータを完全に(もしくはそれに近いくらいに)消してから査定に出しましょう。

また、電子機器、家電、PCの専門ショップに審査してもらえば、故障したものにも値段がつくケースがあります。

 

 

「見落としがちな遺品」でお金になるもの

 

 

見落としがちな遺品の中にも高値が付きやすいものがあります。

 

金歯:1グラムにつき2400円くらい

 

 

「金歯」は「高値がつく意外な遺品」の際たるものです。

溶解させれば普通の「金」になりますので、かなりの高値になります。

 

【高額売却の秘訣】

「金歯ではない歯」を丁寧に除去してください。

また、食洗器で洗浄してから売却するのがおすすめです。

 

仏具・仏壇:1万~5万円

 

 

銅や金が使われている鈴、蝋燭立、線香立などが少なくありません。

ですから、審査してもらうと案外高値になりやすいと言えます。

また、仏像に関しては美術品的な価値がつくこともありますし、造られた由来や年代によって価値が上がるケースもあります。

 

【高額売却の秘訣】

仏具や仏壇を売却する際は、必ず色々な分野の買取店に見積もりを出してもらってください。貴金属が用いられていればプラチナ・金の専門店の、美術品的な価値がある場合は骨董品専門店の審査金額が高くなるはずです。

 

日本刀:3万~30万円

刀剣買取

刀剣には歴史的な意義のあるものが多いですし、再現するのもほぼ不可能ですから、数百万~数千万円で売却できる場合もあります。

名匠が造った刀剣は切れ味が優れていたり、刀身に彫刻があったりするなど、細かい部分にもこだわりが見られるケースが多いです。

例えば、日本刀の「無銘雲次」の場合は500万円以上で売却できるはずです。

 

【高額売却の秘訣】

適切な方法で保管し、「錆び」を防ぐために手入れも定期的に行いましょう。

ちなみに、刀剣の錆はプロでないと取れませんので、錆びがあってもそのまま審査してもらってください。自力で錆びを取ろうとすると失敗して値段が落ちる可能性が高いです。

古いドール:1000~30000円くらい

 

 

特にリカちゃん人形やバービー人形などのドールは、古い年代のものほど審査値段が高くなる傾向にあります。

また、有名な作り手が手掛けた日本人形なども高く売れます。

 

【高額売却の秘訣】

ドールはコンディションによっても審査値段が変わります。

ですから汚れはある程度拭くべきですが、壊さないようにしましょう。また、洗浄するのは厳禁です。

日本人形に関しては作者が誰なのか証明するものがあればそれも審査に出してください。

 

その他美術品:0~数百万円

 

 

遺品整理を行う中で、ここまで紹介したもの以外の美術品が見つかることもあると思います。例えば、茶道具、掛け軸、古い絵画などなど。

このようなものには一見すると何の価値もないように思えるかもしれませんが、プロフェッショナルが鑑定すれば、もちろんきちんと価値を見抜いてくれますので、高値で売却できる場合もあります。

ちなみに日本の伝統工芸品や古美術品は、国外の投資家の間でも需要が高くなっていますので、特に審査値段が高くなりやすいです。

 

【高額売却の秘訣】

箱付きのものは値段が高い傾向にあります。

年代や作者が分かるものと共に、美術品や骨董品の専門店に審査してもらってください。

 

個人的な収集物

フィギュア:数百~二万円くらい

古銭:80円~数十万円くらい

 

古銭、切手、フィギュアなどの収集品も、審査値段が案外高くなりやすいです。

特に収集家の間で人気のものは、驚くほどの値段になることも。

 

「70~80年代に盛んにコレクションしていた玩具」なども高くなる傾向にあります。

それ以外にも、牛乳瓶のフタなどのユニークなものに高値が付くこともあります。

 

【高額売却の秘訣】

切手をシートから切り離すと価値が下がるので注意。

古銭については洗浄すると価値がダウンする場合があるので気を付けましょう。汚れていてもそのまま審査してもらってください。

 

 

遺品整理会社は避けて買取専門店に任せましょう

 

業者に遺品整理を任せるとなると「買取専門店」と「遺品整理会社」のどちらを利用するか迷うことになるはずです。

骨董品や古美術品の買取を専門におこなっている当社福和堂には各専門の鑑定士がおります。
買取をご検討でしたら、福和堂に是非1度ご相談いただければと思います。
ご相談

遺品整理において重視するものは人それぞれ違いますから一概には言えませんが、

「遺品整理をスムーズに終わらせたい」「少しでもお金に換えたい」というのであれば、買取専門店を利用することを推奨します。

 

買取専門店と遺品整理会社の特性をそれぞれ見ていきましょう。

 

 

遺品整理会社について

 

「清掃」「不用品の買取・処分」「遺品の仕分け」が基本的な業務です。

 

買取会社と連携していたり「遺品査定士」が在籍していたりする「不用品買取」に強い会社もあれば、

「遺品整理士」がいる「遺品の仕分け」に強いところも存在します。

また、害虫や故人の体液などについてのいわゆる「特殊清掃」ができるところもあります。

ですから、目的に合った遺品整理会社を利用しましょう。

 

さて「古物商許可証」がなければ不用品を買い取ることはできません。

そして、そもそもこの古物商許可証を持っていない遺品整理会社もあります。

 

遺品整理会社の大半は、各分野の遺品に精通していませんから、買取品目も少ないところが大半です。また「遺品の運搬料金」「清掃代」「仕分け代」などを差し引いた上で、審査金額が付くので、一般的な買取に比べて手元に残るお金が少なくなります。

 

 

買取専門業者について

 

リサイクル店や買取専門業者は、遺品を含む各分野の品々に精通しています。

また、特定のジャンルに強い買取専門業者の場合は、そのジャンルの遺品の審査値段が高くなる傾向にあります。

 

特にフィギュア、古銭、切手、骨董品、着物などについては、どこに審査してもらうか・誰に審査してもらうかによって、査定価格が大幅に変化します。

遺品整理会社にこのような査定してもらうと、値段がつかなかったり、ついても低かったりする恐れがあります。また、反対に処分費用を請求される場合もあります。

 

 

遺品を独断で処分しても大丈夫?

 

 

遺品は「遺産」でもありますから、相続のことも考える必要があります。

ですから、やみくもに遺品整理をしてしまうと大変なことになってしまう恐れが。

ここからは、独断で遺品整理を進めた場合に発生しやすいトラブルや、安全に遺品整理を行うための秘訣などをお伝えしていきます。

 

 

相続者の順位

 

故人との続柄によって、相続者の優先順位が決まります。

そして相続の割合は順位次第で変化します。

 

順位が一番高いのは夫(妻)であり、次に子供、親、兄弟・姉妹となります。

ここでは正式な婚姻関係にある夫(妻)のみが相続者になることが可能であり、内縁関係や事実婚の場合は相続者にはなれません。

 

夫(妻)や子も死去しているのであれば孫が。

子も孫もいないのであれば親が。

親もいないのであれば相続者は祖父母となります。

 

遺言状による指定がなく、相続者が2人以上いるケースでの分配割合は次のとおりです。

 

夫(妻):子供=1:1

夫(妻):親=2:1

夫(妻:)姉妹・兄弟=3:1

 

 

それから、遺産相続の形式には「相続放棄」「限定承認」「単純承認」の3タイプがあります。

 

 

単純承認

 

「骨董品」「美術品」「不動産」「金融資産(株式、預貯金など)」のプラスの遺産もあれば、マイナスの遺産(借金など)も存在します。

単純承認ではこれらの遺産を100パーセント相続します。

 

「単純承認する意向がある」と判断されるのは次のようなケースです。

 

<単純承認する意向があると判断されるケース>

 

  • 個人の遺産や預貯金を消費した
  • 「相続放棄」や「限定承認」の手続きを死亡を知ってから90日以内に済ませなかった
  • 限定承認

「マイナスの遺産も相続するものの、プラスの財産でカバーできるまで規模に抑える」という形式のことを限定承認と言い、「プラスの財産で亡くなった人の借金などを肩代わりする」ことになります。

家庭裁判所に相続人全員で行って、手続きを行わなければならないので気を付けましょう。

  • 相続放棄

文字通り遺産を100パーセント放棄することを相続放棄と言います。

これに関しても家庭裁判所で手続きをしなければなりませんが、それぞれの相続人が単独で手続きをすることができます。

  • 遺品整理で発生しやすいトラブル
  • 相続者関連のトラブル

どれだけ亡くなった人と親しかったり介護をしたりしていても、その人よりも上の順位の相続者が存在する場合は相続の割合は下がります(遺言状で指定があるケースは除く)。

「遺産分割協議」が済む前に遺品整理をしてしまうと、親族などの間で諍いが起きる可能性があるので気を付けましょう。

  • 相続方法関連のトラブル

 

亡くなった人が賃貸物件に暮らしていたケースでは、放置しておくと室内が傷みますし、次の入居者を募集することもできませんので、物件の所有者は「早急に遺品整理をして、明け渡してほしい」と考えます。

 

しかし、遺産の分割・相続手続きが完了しないうちに遺品整理をしてしまうと「単純承認する意向がある」とみなされて、借金なども全部相続することになってしまいます。

ですから、物件の所有者に頼まれても安易に遺品整理をしないようにしましょう。

  • 遺品を売却するために確認すべきこと

最後に遺品を売却するために確認すべきことをまとめていきます。

以下の全てのことをきちんとチェックして、トラブルを回避しましょう。

  • 財産をチェックする

死去したことを知ったら、まずは故人の財産をチェックしてください。

「通帳に書かれている額」と「実際の預貯金額」に差がある場合もあるので気を付けましょう(まずは記帳をしてみましょう)。

 

また、不動産や自動車などは当然ですが、フィギュアや年代物の玩具など、一見大した値段にはならなさそうなものでも、買取に出すと大金に換わる可能性があります。

 

それから、何度か話題に出しましたが「マイナスの財産」についてもきちんとチェックしましょう。ローンや借金などがそれに該当します。

 

相続の分割や手続きを速やかに行うためにも、まずは亡くなった人の財産を完全に把握しましょう。

  • 相続者をチェックする

相続者をチェックしておく必要もあります。

きちんと確認することで、あなたが顔を合わせたことのないような相続者の存在が明らかになる場合も。また、遺言状の内容次第では、遺族ではない人が相続権を持つことになるケースもあります。

 

先述のとおり、限定承認をするのであれば家庭裁判所に相続者全員で行かなければなりませんから、早急に相続者を全員明らかにしておきましょう。

 

財産と相続者が完全に把握できたら「遺産分割協議」をして、遺産の分配について決めてください。

 

協議の内容に沿った「遺産分割協議書」を作っておくと、後の諍いを回避することが可能です(遺産分割協議書を作るかどうかは任意)。

 

遺産分割協議書には日付・相続する財産の詳細・相続者全員の名前を記入し、署名・押印をしたら完成です。

 

そして、相続人への配分・手続きが完了してから、遺品整理に移行してください。

まとめ

遺品整理・買取における大事なことを再度まとめておきます。

  • 定番品でなくても売却できるものがある
  • 遺品は買取企業に売る(遺品整理会社は避ける)
  • 遺品の分野ごとに専門の買取店に売却する
  • 相続手続きが完了するまで遺品整理はしないようにする

遺品整理は状況的に疲弊しているタイミングで行うことになる場合が多いですし、何かと出費が重なる時期でもありますから、遺品買取を活用してできるだけ負担を和らげましょう。

 

 

骨董美術品の買取 福和堂のサービス&コンテンツ

福和堂では骨董品、美術品、書道具、茶道具、銀製品、食器、古書、古道具、絵画、民芸品、書道具、花器、時計、贈答品、雑貨などの買取にも力を入れております。遺品整理にともない整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「骨董美術品買取の福和堂」にお任せ下さい。

お問い合わせ

 

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

 

関連記事

買取実績

茶道具買取

掛け軸買取

書道具買取

着物買取

中国美術買取

刀剣買取

お酒買取

LINEでご相談【福和堂】

Add friend

その際・お名前・ご住所・電話番号をお願い致します。
LINE査定について

注目お買取品目

Twitter

骨董品 古美術品 古道具 買取