1. HOME
  2. コンテンツ
  3. 中国骨董品蝋印の存在意義とは?買取なら福和堂へ

中国骨董品蝋印の存在意義とは?買取なら福和堂へ

蝋印

中国には「文化財の国外持ち出し審査基準」がありますので、中国の骨董品が自由に海外に輸出されることはありません。

 

骨董品はまず「中国文物局(文物=骨董品、文化遺産、文化財など)」に送られ、その中の「文物鑑定センター」に在籍しているプロフェッショナルが審査を行います。この審査をクリアした骨董品が、文物商店(国営)で販売されることとなります。

そして、いわゆる「骨董品蝋印」が、中国文物局の審査をパスした骨董品に押されます。

つまり、骨董品蝋印には「鑑定で合格したという正式な証拠」という意味があるのです。

 

ただし、ここ言う「合格」とは「価値が劇的に高いわけではないので、一般に流通されてもいい」というニュアンスであると考えてください(詳しくは後述します)。

 

ちなみに、骨董品蝋印のことを「梅干し印」などと呼ぶこともあるそうです。

 

骨董品蝋印のある品物は、海外に持ち出すことが可能です。税関で何かややこしいことを聞かれることもありません。

 

しかし、国営でなく、民間の文物商店ももちろん存在しています。

そこで買った骨董品の場合を税関に持っていくと、面倒な事態に陥る恐れがあります。

そのため、鑑定書を発行しておくことを推奨します(発行は中国文物局が行います)。

 

※本物に見せかけたニセの骨董品蝋印もあるので気を付けましょう

 

骨董品蝋印と中国の骨董品輸出の歴史

 

中国では「文化財輸出鑑定参考基準」が1960年にでき、それにより国外への持ち出し制限がスタートしました。

その頃の法令は今では消滅していますが、「中華人民共和国文物保護法実施条例」に沿って、2007年に冒頭で紹介した「文化財の国外持ち出し審査基準」が作られました。

現在もこの基準によって、中国の骨董品は保護されています。

これは、「国」が価値の高い骨董品を保護しているという形であると言えます。

 

また、文化財輸出鑑定参考基準(1960年)においては、対象は「1795年より前の骨董品など」となっておりシンプルでした。

 

しかし、中華人民共和国文物保護法実施条例(2007年)においては、品目によって、

 

  • 全て持ち出し不可
  • 1966年より前の品は持ち出し不可
  • 1949年より前の品は持ち出し不可
  • 1911年より前の品は持ち出し不可

などとなり、より細分化されました。

また、指定の年代的に考えても、より厳しいルールとなったと言わざるを得ないでしょう。

 

そして、先ほどお伝えしたように骨董品などは中国文物局が審査して、

品目・年代的に許される品物のみに「骨董品蝋印」が押されて、流通することとなります。

 

ちなみに、中国だけがこのような厳しい政策を取り行っているわけではありません。

中国以外にも価値の高い骨董品が外国に流れないようにしている国が存在しています。

何を隠そう日本もその一つです。

 

日本の場合は、重要文化財レベルの美術品、美術品、文化財を守るという意味合いがある「文化財保護法及び関係法令」が存在します。

 

日本の文化庁のwebサイトには、

 

「『古美術品輸出監査証明書』の発行をおすすめしています。

通関検査をスムーズに行うため、そして日本の重要な財産である骨董品などが間違って輸出されないようにするためです。

国外に骨董品などを輸出する場合は、それが「重要美術品認定物件」ではなく、かつ「重要文化財・国宝」でもないということを税関に示す必要があります」

 

といった内容が記載されています。

(実際にはもっと硬い文章となっています)

 

文化財保護法及び関係法令≒中華人民共和国文物保護法実施条例

古美術品輸出監査証明書≒骨董品蝋印

 

であると言って良いのではないでしょうか。

 

中国の書画の持ち出しルール【骨董品蝋印が押される基準を知りましょう】

 

ここからは、中国の「書画」などの輸出ルールについて解説していきます。

お読みいただければ、骨董品蝋印が押される基準が分かります。

絵画・書法

基本的に「1911年よりも前のものは輸出不可」というルールになっています。

ただし、行楽図、紀事図、戦功図、風俗画、画像、映像、肖像などについては「1949年よりも前のものは輸出不可」という規則となっています。

ちなみに、当人や親族が所持している画像、映像、肖像などに関しては、これらの規則が適用されない場合もあります。

 

ガッシュ、水彩、油絵

版画の原板や原作、漫画、デッサン(&スケッチ)については「1949年よりも前のものは輸出不可」というルールになっています。

しかし、「社会的影響が大きく、芸術的・歴史的価値が非常に高いもの」に関しては、「全て輸出不可」という規則となっています。

 

壁画

古墳、石窟、廟宇、宮殿等の内部にある壁画については「1949年よりも前のものは輸出不可」というルールになっています。

しかし、「近現代の有名な壁画の設計図、設計案、原稿など」に関しては、「全て輸出不可」という規則となっています。

 

 

ちなみに、書画でない骨董品についても「1949年」「1911年」が基準となっているものが多いです。

 

1949年:中華人民共和国ができた年

1919年:中華民国ができた年

 

であるがゆえに、この2つの年が基準になっているのではないかと言われています。

 

また、文物局が審査をするときには「人名表」を確認するのですが、

それがウェブサイトなどに掲載されているわけではありません。

 

そもそも1世紀前には人口が4億に達していたとされている中国ですから、「有名な書家」という括りで考えても、数えきれないほどの人数となります。

 

ここでは、その中の数名を挙げていきます。

(年代は、清~中華人民共和国です)

 

李苦禅(1899-1983)、謝稚柳(1910-1997)、劉海粟(1896―1994)、呉湖帆(1894-1968)、黄冑(1925-1997)、黄賓虹(1865-1955)、魏紫煕(1915-2002)、啓功(1912-2005)、賀天健(1891-1977)、黄君壁(1899-1991)、于右任(1879-1964)、王雪濤(1903-1982)、呉昌碩(1844-1927)、康有為(1858-1927)、金農(1687-1763)、何紹基(1799-1873)……etcetc

 

ちなみに、

 

黄冑:中国美術家協会常務理事

王雪濤:中国美術家協会理事長

康有為:政治家

于右任:政治家

 

など、社会的立場がかなり上の画家(書家)も少なくありません。

 

また、あの毛沢東は、書家としても人気でした。

 

上に挙げたような作家が人名表に記載されているのではないかと思われます。

そして、人名表に載っている人物の作品であった場合は、そうではない作品とは違った扱いを受けると言われています。

 

骨董品蝋印が押された骨董品はぜひ福和堂にお声がけください

 

「骨董品蝋印が押された骨董品=国が守るレベルの骨董品ではない」と言えますが、それでも鑑定に出せば高額査定となる品物がたくさんあります。

 

福和堂には実力のある鑑定士が在籍しておりますので、骨董品蝋印のある骨董品をお持ちの方もぜひご利用ください。

最後に

骨董品蝋印」についてをご紹介しました。

中国美術品の処分をご検討なら古美術品買取の当社に売却ください!不動産会社様・ビルオーナー様・解体業者様・遺品整理業者様 現在処分を依頼して捨てている前に是非一度お声がけをいただければと思います。

秘密厳守にて対応させていただきます。なにかあればぜひご相談ください。

「福和堂」では、経験豊富な鑑定士がお客様の骨董品をはじめ、茶道具買取や美術品など、さまざまな物品を査定いたします。ぜひご相談ください。

中国美術買取

あてはまれば是非ご相談ください

中国美術買取遺品を整理しようと思うが、何から手をつけていいかわからない。

中国美術買取不用品をフリマアプリに出品しようと思うが、手間がかかり面倒だ。

いい品物だけど、ネットアプリだと素人なので価格が安い。

中国美術買取実家を片付けていたら、古くて得体の知れないものが出てきた。

中国美術買取譲り受けた古道具・骨董品に興味がなく、お金に換えたい。

 

査定無料・出張無料・鑑定無料

骨董品の買取 福和堂のサービス&コンテンツ

福和堂では中国美術品の処分、磁器、古伊万里、骨董品、美術品、茶道具、銀製品、食器、古書、古道具、絵画、民芸品、花器、時計、贈答品、雑貨などの買取にも力を入れております。家の中に眠っている、ガラクタだと思っていたもの整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「骨董品買取の福和堂」にお任せ下さい。

 

お問い合わせ

 

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

 

中国骨董品蝋印の処分 出張買取について

内容をお知らせください。丁寧な査定・買取をご提案をいたします。

お電話または、申込みフォームからお申込み下さい。その際に、お売りいただくお品の内容や量など詳細をお聞かせ下さい。

ご都合の良い出張買取日程のお伺い日時を決めさせていただきます。当日ご希望で都合がついた場合は、即日出張買取いたします。

 

お約束の日にお品物がある先へお伺いして、査定金額をご提示いたします。買取価格にご納得いただけましたらその場で買取いたします。

出張買取について

中国骨董品蝋印の処分 宅配買取について

内容をお知らせください。丁寧な査定・買取をご提案をいたします。

お電話または、申込みフォームまたはLINEからお申込み下さい。その際に、お売りいただくお品の内容や量など詳細をお聞かせ下さい。
見積金額にご納得いただき、もし当店にお売りいただける場合は、その旨ご連絡いただければ今後の流れについてお知らせします。手続きに沿ってお品物を着払いにてお送り頂きます。

 

お品物が届きましたら、本査定をおこない事前にお知らせした査定金額と確認をさせていただきます。査定金額にご納得いただけましたら、ご指定の口座にお振込みをさせていただきます。

宅配買取について

関連記事

買取実績

茶道具買取

掛け軸買取

書道具買取

着物買取

中国美術買取

刀剣買取

お酒買取

LINEでご相談【福和堂】

Add friend

その際・お名前・ご住所・電話番号をお願い致します。
LINE査定について

注目お買取品目

Twitter

骨董品 古美術品 古道具 買取