1. HOME
  2. コンテンツ
  3. 遺品 整理 売る 「遺品整理買取 (遺品整理)とは?遺品を買取に出して片付けるには?」

遺品 整理 売る 「遺品整理買取 (遺品整理)とは?遺品を買取に出して片付けるには?」

遺品片付け

遺品 整理 売る ?!「遺品整理買取 (遺品買取)業者」を使って、家族や親類の遺品を整理する人が多くなってきています。

 

「遺品なのだから、家族と親族だけで片付けたい」という気持ちもあると思いますが、専門サービスを使うことには様々な利点があります。

 

今回は遺品整理(遺品買取)サービスの長所や、売却の仕方などについて解説していきます。

 

 

遺品整理 サービスとは?

 

近年日本では「親族の疎遠化」「核家族化」などが進行しています。

それゆえ「家族・親族で遺品を整理できない」という層が多くなっているのです。

それに伴い「遺品整理業者」が増加。文字通り、遺品の買取(整理)などをしてくれます。

 

では、遺品整理についてお話ししていきますね。

 

遺品にあてまはるモノ

 

主な「買取できる遺品」は次のとおりです。

これらの遺品については、売却することで整理できます。

 

・貴金属

着物

・腕時計

・ブランドグッズ

・骨董品

・仏具

・金歯

茶道具

・金縁眼鏡

・版画や絵画

・人形

お酒

・家具

 

 

※遺品を強引に買い取るようなことはないのでご安心ください。

片付かないものしっかり査定

「遺品整理」では何をするのか

 

1:仕分け

2:貴重品探し

3:梱包・運び出し

 

というのが遺品整理における基本的な流れです。

 

・仕分け

 

遺品を分野ごとに仕分けます(服、家具など)。

この際、遺族のチェックを入れながら「不要品」の分別も行います。

 

・貴重品探し

 

遺族のチェックを入れつつ貴重品と思われるものを探します。

 

・梱包、運び出し

 

ダンボールなどに仕分けた遺品を入れます。

搬出ルートや現地を養生(※テープなどを貼って傷つかないようにする作業のこと)を行い、状況に見合った方法で運び出したら作業は終わりです。

エリアごとの「廃棄物処理条例」に沿って、廃棄処分を要する遺品を廃棄。

 

ちなみに、作業の日に周辺住民に声掛け(軽いあいさつ)をしてくれる遺品整理会社も存在します。

 

 

遺品整理ではどれくらいお金がかかるか?

 

遺品のタイプや分量、現地の面積などに次第で遺品整理の作業代金は変化します。

だいたいの相場は以下のとおりです。

(単位は万)

 

1R:3~8

1DK:5~12

1LDK:7~20

2DK:9~25

2LDK:12~30

3DK:15~40

3LDK:17~50

4LDK~:22~80

 

処分する遺品の分量や種類次第で、トラックの台数やタイプ・必要な人員数が変わりますから、同じ間取りでも価格は大きく変わります。

 

通常は

 

トラック:軽~2トン

作業スタッフ:1~5名

 

になる場合が多いです。

 

遺品整理の計画の立て方|いつ取り掛かるべき?

 

まずは役所関連など諸々の手続きを済ませてください。

そのあと、遺品整理のプランを練りましょう。

故人が住んでいた家の種類によって、遺品整理をすべき時期は多少違いますので気を付けましょう。

 

・賃貸

 

「退去日」を考慮して遺品整理の計画を立てなければなりません。

普通は「亡くなった月~次の月いっぱい」までに退去できるように動くものです。

賃貸物件の大半は賃料を日割りしてくれますが、遺品整理が済んでからでないと引き渡しに応じてもらえません。

遺品整理が終わって、その他の片付けもできたら退去できるようになります。

そのため、できるだけ早く遺品整理業者への申し込みをすることを推奨します。

 

・持ち家

 

遺品整理の計画は、「売却日」や「親族の入居日」などを考慮して作りましょう。

「遺品整理を行う日」と「物件審査日」と「引越し日」が同じ日にならないように、期限日の15~20日くらい前までには遺品整理会社に申し込んでおきましょう。

申し込みのときは「作業を終わらせたい日」を絶対に申告し、ゆとりを持って進められるようにしてください。

 

・時間的リミットがないケース

 

「時間的制限がない」というパターンには、法要(四十九や初七日)の時期に遺品整理すると良いでしょう。そうすれば家族や親類が集まりやすく、故人の思い出話をしながら迅速に遺品整理をすることが叶うはずです。

遺品整理会社のタイプを紹介|どこに申し込むべき?

 

遺品整理を引き受けてくれる会社のタイプは色々です。

それぞれの特色を説明してきますので、状況や意思に合ったところに任せましょう。

・遺品整理専門会社

故人が済んでいた家の整理などを行ってくれる会社です。

遺品の仕分け、貴重品探し、廃棄などをしてくれるので「遺品整理をしてほしい」という観点で見れば、一番便利なタイプだと思います。

また、大半の会社は供養や不要品の回収もしてくれます。

ただし、会社次第で対応できる手続きや作業の範囲が異なりますので、前もって問い合わせておきましょう。


 

 

・便利屋

 

遺品の整理だけに留まらず、供養やハウスクリーニングもしてくれる会社がたくさんあります。

また、物件の売却・解体をするつもりである場合は、それに適する業者を紹介してくれる可能性もありますので「遺品整理を終えてからのプラン」次第ではかなり役に立つことでしょう。

 

・特殊清掃業者

 

特殊清掃企業は主に次のようなものの清掃・処理をしてくれます。

 

○汚物

○害虫

○血液

○体液

○異臭

 

これにより原状回復もできます。

事故死や孤独死などのケースにおいては、特殊清掃企業に任せるべき場面も出てくるかもしれません。

また、時間が経って猫などの動物が住み着いたときでも対応してもらえます。

 

様々な事情があって「手のつけようがない」と感じた場合は、特殊清掃業者の利用を検討しましょう。

 

・リサイクル店や買取専門会社

 

「まだ利用可能なもの」をリサイクル店や買取専門会社に売却することができます。

ブランドグッズ、電化製品、家具など遺品が多いのであれば、これらの業者を利用すればスムーズに整理をすることができるはずです。

もちろん「廃棄」ではなく「売却」ですからお金もかかりません。

・遺品を売却したいのであればリサイクル店や買取専門会社を利用しましょう!

 

「処分しにくく、今後使う見込みもないもの」が遺品整理を進める中で出てきた場合は、リサイクル店や買取専門会社に売却するのがおすすめです。

「まだ利用できるもの」しか原則として買い取ってくれませんが、破損していたりコンディションが著しく悪かったりしても、モノによっては高値で売れる場合もあります。

 

「遺品をお金に換えてしまうのは……」と後ろめたさを感じる人もいると思いますが、最近では「放置したり捨てたりするよりは、大事に扱ってくれる人の手に渡った方がいい」と考えて、遺品を売却する人が多くなってきています。

 

ご自身で納得できるのであれば、遺品を売るのも良いでしょう。

 

買取(審査)金額が高くなりやすい遺品

 

「コンディションを問わず、元々の値打ちが高い遺品」であれば、審査金額が高くなりやすいです。ここからは「査定価格が高くなりやすい遺品」を具体的に挙げていきます。

・貴金属

 

宝石や貴金属に関してはその素材自体に値打ちがつくので、年代を問わず審査金額が高くなる傾向にあります。

「コンディションが悪いし、大昔に買ったものだから値段は付かないはず」などと、安易に考えて廃棄しないようにしてください。

貴金属の鑑定・買取に特化した専門業者に見てもらえば「本当の値打ち」を弾き出してくれますよ。

 

・着物

 

着物はリサイクル店に売ってしまう人が少なくありませんが、「古布」扱いされて買取価格がかなり低くなってしまうケースがほとんどです。

しかし、実際には10万円以上で売れるような着物も少なくありません。

 

着物にどれほどの技術が込められていても&どのような素材が使われていたとしても、一般の方には見分けがつかない事でしょう。

ですが、これも専門業者に依頼すれば価値をきちんと見抜いてくれますよ。

・高級腕時計(ロレックス等)

 

年代物であってもファンからの高級腕時計のニーズは高いので、コンディションを問わず審査金額が高くなりやすいです。

宝飾が施されている時計や、人気メーカーの時計は特に高値がつきやすいです。

また、古い時計に関しては「アンティーク」として査定してもらえる可能性も。

 

・骨董品

 

これも一般の方が価値を見抜くことは非常に難しいので、安易に捨てないようにしてください。

大半の骨董品は経年劣化しているので、「まさかこんなものが高く売れるなんて……」と感じるかもしれません。

しかし、どれだけコンディションが悪くても元々の値打ちが高いものであれば、驚くほどの値段で売却できる場合があります。

 

・ブランドグッズ

 

言うまでもなく鑑定額が高くなりやすいです。

その審査金額は「付属品の有無」や「コンディション」によって変化します。

「生産が中止されたレアなブランド品」が遺品整理をする中で出てくることも少なくありません。そういったものについては、やはり高値が付きやすいですよ。

 

・金歯

 

意外かもしれませんが、金歯の審査金額も高くなりやすいです。

なぜなら「金」であることに他ならないからです。

ちなみに、金の相場は現在「1グラム:5000円前後」です。

 

さすがに「金歯を手元に取っておきたい」という人はほぼいないと思います。

捨てずに売りましょう!

 

・仏具

 

お鈴、ロウソク立て、線香立てなどのことを総じて「仏具」と言います。

特に仏像に関しては「骨董品」として扱われて、想像以上の買取価格がつくケースも。また、貴金属(銀や金など)が素材として使われている仏具も、もちろん高額買取されます。

仏具を整理するのであれば、専門会社に鑑定を依頼しましょう。

 

 

・金縁眼鏡

 

遺品としての「眼鏡」は、形見として大事に取っておく人も多いです。

ですが「金」がその眼鏡の縁に使われているのであれば審査金額が高くなりますので、売ることも選択肢の一つとしておいてはいかがでしょうか。

金の価値が大きく変動することはまずないので「とりあえず取っておく」というのも良いでしょう。

また、年代物の眼鏡に関しては、「アンティーク品」とみなされて鑑定額がアップすることもあります。

 

・茶道具

 

茶道具は、古美術品・骨董品扱いされて審査金額が高くなることがあります。

これについても一般の方には「価値があるかどうか」を見抜くことはまずできません。

難しく考えず、まずは鑑定依頼をしてもらうことを推奨します。

「レア&ニーズが大きい」ものであれば、びっくりするほどの値段がつくかもしれません。

 

・人形

 

故人が持っていた玩具は廃棄しにくいですよね。特に人形は「人間っぽい」ですから尚更です。

この場合もやはりまずは鑑定してもらうのがおすすめです。

もちろん鑑定してもらったからといって、売る義務が生じるわけではないのでご安心ください。「価値を把握する」ことだけでも十分有意義だと思います。

「アンティークドール」と言われるものであれば、数十万円の買取価格がついてもおかしくないのですが、これもやはり一般の方にはまず見抜けません。

素直に専門企業に任せるようにしてくださいね。

 

・版画や絵画

 

こういった美術品の価値を判断するのは素人にはほぼ無理です。

「コンディションが非常に悪いのに10万円で売れた」「いかにも値打ちがありそうなのに値段が付かなかった」など、色々なパターンが考えられます。

 

現存数が少ないのであれば審査金額が高くなりやすいですが、大量生産されたものであればほとんど値段がつかないかもしれません。ただ、この辺りの判断ももちろん難しいので、専門家に任せることをおすすめします。

・掛け軸

 

著名な詩人や作家が作った掛け軸であれば審査価格がかなり高くなることでしょう。

ただ、これも一般の方にはまず判断できません。

コンディションが悪いからといってやみくもに捨てずに、専門業者に鑑定してもらうことを推奨します。

・酒

 

未開封のお酒の収集家はたくさんいますので、案外鑑定額が高くなりやすいです。

盛んに売買が行われていますので、お酒が遺品整理をする中で発見されたのであれば捨てずに保存することをおすすめします。

 

買取を拒否されるもの/遺品ではないもの

 

通常は、故人が生前使っていたものは全部「遺品」に分類されます。

ですが「貴重品・非常に重要なもの」については、基本的に回収・買取をしてくれません。

主に以下のものがそれに当てはまります。

 

ノート、手帳、日記、写真

証書、契約書、権利書、株券

遺言状、印鑑、金券、カード類、通帳、現金

 

 

遺品の買取金額の相場は?

 

遺品買取(整理)業者には、遺品をどれくらいの値段で売却することができるのでしょうか。

あくまで目安ですが、簡単に紹介していきます。

 

・貴金属/相場 3万円~20万円

 

貴金属の相場は素材次第で大幅に異なります。

まず、金が大量に使用されているベルトのバックルなどに関しては、かなりの高値がつくことでしょう。また、ピアスやリングなど、軽量のものであっても金が使われていれば数万円になるはずです。それから、金縁眼鏡や金歯も高く売れます。

単に「使われている金の種類と重さ」で決まるものであり、品目はほとんど関係ないので、あまり難しく考えないようにしましょう。

 

例:

 

金歯(K14/26.0グラム):36000円程度

金縁眼鏡(K18/24.5グラム):76000円程度

ベルトバックル(K18/60.3グラム):189000円程度

ピアス(両耳)&リングのセット(K18/15.0グラム):47000円程度

 

着物買取

・着物/相場 1万円~5万円

 

特に「正絹」の着物は鑑定額が高くなりやすいです。

コンディションが良好であれば3~5万円くらい、作家製のものであれば5万円を超えることもザラにあります。

 

例:

 

宮古上布:10万円

羽田登喜男:10万円

久保田一竹:10万円

由水十久:10万円

黒留め袖:6千円

付け下げ:1万円

振袖:1万円

 

ロレックス買取

・高級腕時計/相場 10~100万円

 

高級腕時計(オメガ、ロレックスなど)は、コンディションや等級次第で審査金額が変わります。コンディションが良好でニーズの高いモデルなのであれば、鑑定額が100万円を超える可能性もあります。

正しく鑑定してもらうためにも、貴金属や宝飾品のショップではなく、時計専門の買取企業に依頼してください。

 

 

例:

 

ロレックス サブマリーナ:74万円

ロレックス ヨットマスター ダークロジウム:100万円

オメガ シーマスター300 マスター:45万円

オメガ シーマスター アクアテラ クォーツ:12万円

 

・骨董品/相場 0.2万円~20万円

 

ジャンルも色々ですし、作家が手掛けた骨董品もあれば大量生産の骨董品もあるので判断が難しいです。

レアなものであれば1万円以上の値段がつく可能性があります。

収集家からの人気度合いによっては10万円をオーバーしてもおかしくありません。

 

 

例:

 

美術的価値を有する火鉢:2万円

美術的価値を有する皿:1.2万円

大量生産の灯籠:3千円

大量生産のだるま:2千円

普通のたんす:1000円

普通の壺:1000円

 

・ブランドグッズ/相場 1~30万円

 

アクセサリー、ストール、それから皮製品(サイフ、カバンなど)など色々な種類のブランドグッズがあります。

鑑定金額は品目・ブランド次第で大きく変わるので、一括りにすることはできません。

ただ、同一ブランドのグッズを一度に多く売ると審査金額が上がる可能性があります。

 

例:

 

グッチ ショルダートートバッグ:1.5万円

シャネル ジップウォレット(長財布):4.2万円

シャネル ミニマトラッセ(カバン):10万円

エルメス バーキン(カバン):52.4万円

ルイヴィトン ポルトフォイユ・クレマンス(長財布):2.7万円

ルイヴィトン モノグラム(カバン):7.7万円

 

・仏具/相場 0.4万円~10万円

 

貴金属(銀や金など)が使われている仏具であれば高値で売れます。

特に経台と金仏具の鑑定金額は高くなりやすいです。

また、買取金額は地金相場に左右されますので、余裕があれば高いときを狙って売却しましょう。

 

例:

 

経台:3万円~9万円

金仏具(1グラム):3千円~5千円

木製仏具:500~4000円

 

 

・茶道具/相場 0.5万円~20万円

 

茶道具には、美術品・骨董品としての価値が宿る可能性があります(もちろん実用品としての値打ちもあるでしょう)。

レアな茶道具としては薬缶の一種である「鉄瓶」などが有名であり、コレクターからのニーズが非常に大きいです。

 

例:

 

金重陶器 備前茶入:32万円

坐忘斎書付 瀬戸茶入:25万円

角谷一圭 釜:23万円

鉄瓶:20万円

水差:12万円

 

 

・人形/相場 0.5万円~10万円

 

玩具や人形の中には収集家からの強いニーズがあるものが少なくなく、そういったものであればコンディションが悪くても高値で売れる可能性が高いです。

一般の方ではその価値が分からない場合が多いですが、専門家であればきちんと値打ちを見極めてくれますので心配は無用です。

 

 

例:

 

ボークス SD男の子 ミシェル 星間学寮バージョン:10万円

ボークス ミニドルフィードリーム「ぷよぷよ」アルル:5.5万円

ネオブライス CWC限定 あちゃちゅむずきん:5.8万円

AZONE えっくすきゅーと おとぎのくに 白雪姫あいか:0.9万円

 

 

・絵画や版画/相場 0.5万円~10万円

 

日本画から洋画まで、版画にも絵画にも色々な分野があります。

レアなものであれば10~1000万円くらいで売れてもおかしくありません。

ただ、審査金額はサイズや技法次第でも変わるので一括りにはできません。

また、版画や絵画については、同一のタイトル・画師が手掛けたものでも、初版と二版目以降では値打ちが変動する場合があります。

 

例:

 

ピカソの版画:100万円

青山亘幹の美人画:20万円

青山亘幹の版画:3万円

アイベン・アールの版画:2万円

 

掛け軸買取

・掛け軸/相場 0.5万円~10万円

 

人気作家の掛け軸も無名作家の掛け軸もたくさん現存しているので、一般の方が値打ちを見抜くのはほぼ不可能です。

ちなみに「印刷タイプ」の場合は、人気作家の掛け軸であっても審査金額は2万円程度となります。

作家名のヒントになるのは「印」や「署名」ですが、なんにせよ素人に分かるものではないので、捨てずに専門家に鑑定してもらうことを推奨します。

 

 

例:

 

掛け軸(仏画が施されたもの):15万円

淡々斎 一行書:20万円

土田麦僊 掛け軸・・・5万円

 

 

・酒/相場 0.3万円~10万円

 

日本のお酒であっても、購入したときの値段を超える価格で買い取ってもらえる場合が多いです。

古いお酒ほど審査金額はアップ。50年を超えているウイスキーであれば、数十万円で売れるケースも。

 

例:

ヘネシーXO 金キャップ グリーンボトル:2.4万円

ドンペリニヨン ロゼ・・1.8万円

サントリー響 30年・・・20.5万円

サントリー 山崎 18年・・・4万円

サントリー 響 17年・・・1.2万円

 

遺品を買取に出す際に気をつけるべきこと

 

最後に、買取会社に遺品を鑑定してもらうときの注意点を4つ挙げていきます。

 

1:貴金属は専門ショップへ

 

貴金属の買取金額は、毎日変わる相場に左右されます。

適切な金額で売却するためにも、貴金属の専門ショップに依頼しましょう。

また、各種手数料はショップごとに違います。

そのため、できるだけ手数料が安い企業を探すことを推奨します。

 

2:「相見積もり」を取る

 

一軒だけでなく、色々な買取専門会社に見積もりを出してもらいましょう。

各見積もりを比較して、最も高く買い取ってくれるところに売却すればいいんです。

(見積もりを複数取って比べることを『相見積もり』と言います)

 

本記事でお伝えした買取例を確認しつつ、少しでも高く買ってくれる企業を探してください。

 

3:各分野の専門店に売る

 

各ジャンルの専門店に売った方がやはり買取価格が高くなります。

極端な例ですが、一般的なリサイクル店に高級腕時計を売っても高額買取は望めませんよね。

高価遺品買取

骨董品や古美術品の買取を専門におこなっている当社福和堂には各専門の鑑定士がおります。
買取をご検討でしたら、福和堂に是非1度ご相談いただければと思います。
ご相談

 

 

4:とにかく捨てずに鑑定してもらう

 

再三お伝えしましたが「一般の方では遺品の価値を見抜くのは難しい」ので、とにかく捨てる前になんでも鑑定してもらってください。

ほとんどの業者が「審査だけならタダ」ですしね。

「遺品整理」という行為そのものに関連する確認事項

相続問題

 

まずは「相続問題」についてはっきりさせてから、遺品整理に臨みましょう。

不動産でも動産でも共通して言えることです。

自分の判断だけでは捨てられないものに関しては、家族・親族で相談して相続相手を確認してから処分・売却しましょう。

売ってから諍いが起きたとしても、どうにもなりません。

遺言書を絶対に読んでおく

 

相続においては遺言書の内容を最優先します。

「物理的・金銭的に実現不可能」な内容でない限りは遺言書に沿って遺品整理を進めてください。

ちなみに「遺言書を受け取っていない」という場合でも、遺品整理をする中で発見されるケースがあります。

 

終わりに

 

やはり最後は「本当に遺品を売っていいのか?」という心情的な部分が引っ掛かると思います。しかし、すでに少し触れましたが「きちんと扱ってくれる人の手に渡った方がいい」という考え方もあります。

 

また、遺品のことであなたが苦労するよりは、

遺品を売ってあなたがお金を手にする

あなたが遺品の保管でヤキモキすることがなくなる

 

ほうが故人も喜んでくれるのではないでしょうか。

最後に

遺品買取(遺品整理)とは?遺品を買取に出して片付けるには?」をご紹介しました。

家の中に眠っている、ガラクタだと思っていたものが、実は高値の付く磁器かもしれません。

心当たりがありましたら、一度は鑑定士に見てもらうことをおすすめします。

福和堂」では、経験豊富な鑑定士がお客様の骨董品をはじめ、茶道具や美術品など、さまざまな物品を査定いたします。ぜひご相談ください。

査定無料・出張無料・鑑定無料

遺品の買取 福和堂のサービス&コンテンツ

福和堂では古伊万里、骨董品、美術品、書道具、茶道具、銀製品、食器、古書、古道具、絵画、民芸品、書道具、花器、時計、贈答品、雑貨などの買取にも力を入れております。家の中に眠っている、ガラクタだと思っていたもの整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「骨董美術品買取の福和堂」にお任せ下さい。

お問い合わせ

 

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

 

遺品出張買取について

内容をお知らせください。丁寧な査定・買取をご提案をいたします。

お電話または、申込みフォームからお申込み下さい。その際に、お売りいただくお品の内容や量など詳細をお聞かせ下さい。

ご都合の良い出張買取日程のお伺い日時を決めさせていただきます。当日ご希望で都合がついた場合は、即日出張買取いたします。

 

お約束の日にお品物がある先へお伺いして、査定金額をご提示いたします。買取価格にご納得いただけましたらその場で買取いたします。

出張買取について

東京都

あ行

昭島市 あきる野市 足立区 荒川区 板橋区 稲城市 江戸川区 青梅市 大田区 奥多摩町

か行

葛飾区 北区 清瀬市 国立市 江東区 小金井市 国分寺市 小平市 狛江市

さ行

品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区

た行

台東区 多摩市 立川市 中央区 調布市 千代田区 豊島区

な行

中野区 西東京市 練馬区

は行

八王子市 羽村市 東久留米市 東村山市 東大和市 日野市 日の出町 檜原村 福生市 府中市 文京区

ま行

町田市 瑞穂町 三鷹市 港区 武蔵野市 武蔵村山市 目黒区

埼玉県

あ行

上尾市 朝霞市 伊奈町 入間市 小鹿野町 小川町 桶川市 越生町

か行

春日部市 加須市 神川町 上里町 川口市 川越市 川島町 北本市 行田市 久喜市 熊谷市 鴻巣市 越谷市

さ行

さいたま市 さいたま市岩槻区 さいたま市浦和区 さいたま市大宮区 さいたま市北区 さいたま市桜区 さいたま市中央区 さいたま市西区 さいたま市緑区 さいたま市南区 さいたま市見沼区 坂戸市 幸手市 狭山市 志木市 白岡市 杉戸町 草加市

た行

秩父市 鶴ヶ島市 ときがわ町 所沢市 戸田市

な行

長瀞町 滑川町 新座市

は行

蓮田市 鳩山町 羽生市 飯能市 東秩父村 東松山市 日高市 深谷市 富士見市 ふじみ野市 本庄市

ま行

松伏町 三郷市 美里町 皆野町 宮代町 三芳町 毛呂山町

や行

八潮市 横瀬町 吉川市 吉見町 寄居町

ら行

嵐山町

わ行

和光市 蕨市

遺品宅配買取について

内容をお知らせください。丁寧な査定・買取をご提案をいたします。

お電話または、申込みフォームまたはLINEからお申込み下さい。その際に、お売りいただくお品の内容や量など詳細をお聞かせ下さい。
見積金額にご納得いただき、もし当店にお売りいただける場合は、その旨ご連絡いただければ今後の流れについてお知らせします。手続きに沿ってお品物を着払いにてお送り頂きます。

 

お品物が届きましたら、本査定をおこない事前にお知らせした査定金額と確認をさせていただきます。査定金額にご納得いただけましたら、ご指定の口座にお振込みをさせていただきます。

宅配買取について

 

関連記事

買取実績

茶道具買取

掛け軸買取

書道具買取

着物買取

中国美術買取

刀剣買取

お酒買取

LINEでご相談【福和堂】

Add friend

その際・お名前・ご住所・電話番号をお願い致します。
LINE査定について

注目お買取品目

Twitter

骨董品 古美術品 古道具 買取